Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

24時間交代の勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれ

2017年05月15日 | 日記
24時間交代の勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、病院に勤務する看護師があります。


勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、ほとんどの場合、病棟に多くの看護師が必要になるので、経験が浅いとシフト勤務は避けて通れないと思います。


個人的な話ですが、妻も看護師としてシフトに入っていましたから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって困った事を覚えています。


当然ですが、病院には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、配属された科の診療内容によって、看護技術やケアのやり方も違ってきます。


配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修は自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、看護師として全体的なものの見方が出来るようになり、多くの知識を身に付けることが出来ます。


看護師としての今後を思い描くことに繋がりますし、看護師としてのやる気も湧きやすいようです。


看護師であっても転職している回数が少なくないとマイナス評価となるのかというと、絶対そうであるとは言えません。


自己PRのやり方次第では、経験が豊かで意欲があるといったイメージを持ってもらうことも可能です。


そうは言っても、勤務期間があまりにも短いと、採用したとしても少ししたらまたやめてしまうのではないかと思われる場合もあるでしょう。


一般的に、看護師が持つ悩みとして代表的なものは不規則な勤務形態ではないでしょうか。


平日が休みになってしまっては、友達と遊んだりデートの時間が取れなかったりする悩みを抱えている方も多いようです。


または、労働環境が過酷で忙しくて休みが取れないケースもあります。


規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、転職を考えるのが良いでしょう。


修学旅行やツアーなどに一緒に行って、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。


結婚していて子供のいる人は土日を休みにできたり、夜勤がない職場を希望しているものです。


病院以外の場所で働くのであれば、そこで求められる専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シフト勤務で働く看護師にと... | トップ | いつも忙しく、様々な業務に... »