Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

あまり一般的ではないかもしれませんが

2017年03月15日 | 日記
あまり一般的ではないかもしれませんが、看護師が働ける職場として保育園もあるのです。


こうした保育園を職場にするとなると、子供好きの看護師には、おススメの職場だと言えますね。


ちなみに、どういった仕事かというと子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという必要不可欠な仕事なのです。


看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較すると特殊な体制であり勤め先によっても異なってきます。


一般に、勤務が2交代あるいは、3交代のシフト制になっているという病院が大半です。


2交代制ですと約3割ですが3交代制ですと約7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。


ただ、休日が多いのは2交代制ですから2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。


仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、忙しさのあまりに看護師の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。


けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、強いストレスを感じることはよくあります。


そんな仕事ですが、ずっと看護師をしていると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、人の身体がどんな具合か、だけではなく、それだけでなく自分自身の身体のことも今の状態を把握しやすくなるようです。


働く看護師にとって頭が痛い問題といえば、対人関係の問題や夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。


看護師の中には女性が多く、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも多いのです。


夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。


辛い職場に身を置いて精神をすり減らすよりも、転職してもっと環境の良い職場で働くのも間違いではありません。


一口に看護師といっても、その職場は多種多様で、町医者から総合病院まで、それぞれに違いがあります。


病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。


会社員も会社によって給与が違うように、同じことが看護師にも言えます。


総合病院で勤める看護師と町の診療所の診療所では給料も変わってくるでしょう。


こういった事を考えても、看護師だからといって平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高齢者はケガや病気のリスク... | トップ | 一般に、看護師の仕事のハー... »