Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

資格の面からみると看護師の資格

2016年10月11日 | 日記
資格の面からみると看護師の資格というものの最大の利点は、何てったって、もしも離職している期間があっても、また看護師に戻れるという点です。


どうしてかというと、看護師の仕事が専門職だということ、人手不足であるということが大きな原因といえます。


「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、状況次第で五十代でも復帰できます。


病院にもよるのですが、看護師がもらえる報酬は、様々な他職業と比べても、随分と高給です。


人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当もきっちりもらえるから、ということです。


他の人より夜勤をたくさんこなしていたり仕事の虫で、残業も苦にならない人の給料をみると、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。


免許が必要な専門職である看護師は求人が途切れるようなことはありません。


なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。


しかも、少し念入りに求職活動を試みれば、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。


幸い、ネット上を少し見てみると看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどが思った以上に多数存在しますし、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりして最適の仕事先を見つけてください。


働き方を色々と変えることも可能な看護師ですが、結局、大多数の看護師は病院で働いております。


しかしながら、病院における看護業務の他にも、多くの場所で、看護師資格を持つ人材は求められています。


例を挙げると、介護施設、保育園、大きな企業内などです。


こういった所で看護師として働く人はじわじわ増えています。


看護師はこんな風に仕事をすることが可能であり、結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにして働きやすい職場へと、転職することもできるのです。


出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする看護師は結構多いようです。


その際ですが、再就職ができるのか、できないのかというのは辞めた状況により変わってきます。


例を挙げるなら、結婚や転居、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。


実際に、こうして働いている看護師は多いです。


様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート看護師として出戻ってきて、働く人も増加中です。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女性に人気の高い職業の一つ... | トップ | 修学旅行やツアーなどに一緒... »