Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

看護師には夜勤がつきものですが、夜勤を

2016年12月10日 | 日記
看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をするとどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。


注意点ですが、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働く看護師より収入が少なくなることがほぼ確実なのです。


将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。


基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、看護師の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。


とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。


そんな仕事ですが、ずっと看護師をしていると、自然にそれなりの知識もついてきますから、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、それだけでなく自分自身の身体のこともわかるようになったりするようです。


他の職業と同様に、看護師の場合も何回も転職をしていると良くない印象となるのかというと、そうであるとは言い切れません。


自己PRの方法を工夫すれば、経験が豊かで意欲があるといったイメージを与えられるかもしれません。


ですが、働いている期間があまりにも短い場合は、雇っても少し働いたら辞めると考えられてしまうこともありえるでしょう。


多くの看護師に共通する悩みのタネと言えば、勤めている職場の人間関係の問題や勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。


看護師の中には女性が多く、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも実は多いのです。


夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。


転職し、環境の整った職場へ移るのもアリだと思います。


高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、ここ数年でどんどん病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。


そうなってくると、医師と看護師も現場では切実に求められているのに、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。


ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、看護師にとっては、転職がやりやすいといった助かる点もあります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世間から見ると、看護師は高... | トップ | 看護職員の方が仕事場を変え... »