Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

看護のスペシャリストであり、様々な役割を期

2017年03月21日 | 日記
看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される看護師は常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。


なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。


しかも、丹念に当たってみるなら、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。


ネット環境があれば、簡単にアクセスできる看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどが豊富にあるようですので、上手にそういうものも使って自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。


皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、とりわけ医療職に就く人たちがもっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。


なので、現在も「看護師は売り手市場だ」といわれているのですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。


毎年毎年、絶えることなく新たな看護師が世に生み出されているはずなのに、なぜ看護師がそんなに足りていないのでしょう。


それには変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも一つの理由といえるでしょう。


看護師という職業は収入が安定しているというイメージを持たれやすいのでローンの際も、大体の場合、スムーズに審査を通ります。


ただ、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない看護師については注意する必要も出てくるでしょう。


スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと正職員という形で勤務中の安定している看護師に限って言えることであり、非正規雇用の看護師についてはローンを組むことが困難なことがあります。


他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る看護師ですが、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。


看護師の資格を持っていれば、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといったその時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、Wワークをしようと思えばできるのです。


とはいっても、メインで勤務している職場が副業を禁止、としていることもあります。


また、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。


病院で働く看護師は、病気を抱えた患者と関わることが多いので、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに気を付けた方が良いでしょう。


自分が患者なら、どのような印象の看護師に信頼を置けるかを考えながら、清潔感を重視した髪形を選ぶことがポイントです。


勤務先によって、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを覚えておいた方が良いと思います。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国外で医療的な支援を求めて... | トップ | 皆さん看護師というとどういう »