Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

国外で医療的な支援を求めている人々に、医療に携わる者

2017年03月20日 | 日記
国外で医療的な支援を求めている人々に、医療に携わる者として何かできる事がないのかという考えを持った看護師の方が増えています。


実際に、海外において日本の看護師を求める声も増えていて、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る看護師が求められているのです。


海外で看護師とし働くためには、意思疎通をはかるためにも、英語が必要不可欠なのです。


海外の機関で看護師として働きたいと思うのであれば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。


昔はあまりメジャーではなかった看護師の能力評価に関して、最近ではこれを行っている病院は多いです。


看護師の個々の能力を、間違いなく測定し、評価をつけられるよう、きちんとした評価基準を作っているところも多いです。


この評価は、病院により月一のこともあれば、年に一度だけ、という病院もあるようです。


こうして定期的にどう評価されているか知ると、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、高いモチベーションを保てます。


ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。


社会が高齢化していることもあり、このところ次第に医療的な処置を必要とする人々が増えてます。


ということは、看護師に関してもさらに多く必要とされていますが、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。


しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等のメリットも確かにある訳です。


どうしても、看護師という職業においては愛煙家があまり居ないというイメージですが、いかにもその通りで、喫煙率は平均より少ないようですね。


医療施設で働く職業上、煙や臭いをつけないよう、意識している看護師が多いと見て取れます。


特に、看護師の勤務形態と労働時間について言えることですが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。


勤務表、つまりシフト次第ではありますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、小さな子供がいる人でもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。


例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、なんとか対応していける主な理由は、きっと看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。


補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食い逸れる心配の少ない人気... | トップ | 看護のスペシャリストであり... »