Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

私の勤め先は病院の事務です。通常、看

2017年04月20日 | 日記
私の勤め先は病院の事務です。


通常、看護師さんと一緒に仕事をするということはないのですが、毎日お忙しそうにしていますね。


仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。


だけど私の想像以上に臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時に看護師さんの中で、子連れで来ている方が相当いるんですよ。


先生方も喜んで迎えられていて和やかで楽しい会となりました。


あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。


それは勤務先を国公立の病院にすることです。


看護師は専門的な知識や経験が求められ、安定した職種の一つであるとして注目されていますが、さらに公務員の待遇が付加することで一層安定した職業になることは確実です。


公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、なによりも嬉しいメリットですよね。


看護職の人がジョブチェンジする動機としては、ステップアップと説明するのが良策です。


元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、不利な条件で働いていた等々、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。


たとえ本音がそうだとしても律儀に知らせなくても問題はないため、できるだけ意欲的なイメージの志望内容を答えられるようにしておいてください。


看護師の仕事をしていく中でやはり辞職を考えることも少なくないでしょう。


お仕事に関する失敗だけでなく患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。


そうはいっても、喜ばしいこと、看護師の仕事をやり続けたいと思うことはいっぱいあります。


先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりとさまざまな人に助けられているから頑張れるということを実感する毎日です。


働き方を色々と変えることも可能な看護師ですが、それでも、殆どの人は医療機関で働いているわけです。


ですが実のところ、病院という職場以外の場所においても、看護師の仕事は色々あります。


職場となるのは、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。


こうした職場で看護師として活躍する人もじわじわ増えています。


こうして、病院に限らず看護師として仕事ができる場所はたくさん有ります。


結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにして最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 改めて言うまでもなく、医療... | トップ | 交代制で夜勤もこなさないと... »