Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

転職をするのが看護師の場合であっても、違

2017年02月13日 | 日記
転職をするのが看護師の場合であっても、違う職種へ転職しようと思う人も少なからずいるでしょう。


しかし、大変な思いをして看護師の資格を取ることができたのですから、その資格を活用できる職場を見つけた方が良いでしょう。


全然異なった職種だとしても、看護師の資格がプラスにはたらく仕事は少なくありません。


大変な思いをして取れた資格なのですから、活かさないのはもったいありません。


病院で働く看護師にはそれぞれ階級があります。


一番階級が高いのは、もちろん、それぞれの病院によっても異なりますが、一般的には看護部長、総看護師長などと呼ばれる方々です。


どのようにして階級を上げるのかというと、その病院での勤務を長くするなど、一目置かれ、認められるような存在になることが重要です。


階級が上がれば上がるほど、高い収入を見込めます。


土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている看護師は多いですが、土日祝日の休みをとることもできます。


簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、土日が休日になるでしょう。


何か急な事態によって呼び出されたり、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、それでも、土日はかなり休める印象です。


また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、そういうところでは大体はちゃんと土日休みになっているはずです。


看護師は給料が高いという印象があるのではないでしょうか。


もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど大変な面もありますが、収入に面に注目すれば、他の職業より高収入を続けやすいことが目立ちます。


また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。


高収入で安定した職業という意味においては魅力のある職業だと言えます。


看護師として働く人は女性が大部分を占めているため、一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。


その他にも、勤務時間が一定でないこと、過酷な労働環境だということも相まって、離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。


もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本での看護師の年収は平均... | トップ | ハードさで知られる看護師の... »