Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

勤務や休みをある程度自由にする

2016年10月16日 | 日記
勤務や休みをある程度自由にすることができ、興味があってしてみたい、という仕事を選べたりもする、等々が看護師という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。


勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、もちろん長期の募集もあり、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。


なので、もしも看護師の仕事を探している最中ならできれば、派遣で働くということも考えて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。


卒業後、看護師の受験資格を取得できる機関には医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。


大学の特色は何かというと最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることとより幅広く知識を修得できるということでしょう。


その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。


専門学校では、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。


加えて、学費の面についても専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。


医療機関で働く看護師は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。


日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。


それから病棟勤務と違って、外来勤務では、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。


忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、人気の医師のところなどでは、多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。


どんなスキルが必要になるか、ということもどんな病院か、診療科はどこかによって、変わってきます。


ナースが仕事を変えよう思うときは、ネット上のキャリアコンサルティングサービスも役立ちます。


看護職の募集は、職業安定所や求人情報誌には載らない場合も数多くあります。


しかし、看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスであれば、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、求人元を「気風」という点からも検討できます。


なんとなく言うのが憚られる労働条件の相談をしてもらえるケースもみられます。


高校入学時に衛生看護科を選ぶと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、看護師になるのに最短の道を歩むことができるでしょう。


ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変えることは難しいです。


さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが短い準備期間のために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 看護師の仕事は、病棟勤務と... | トップ | 看護師の資格を得るためには... »