Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

夜勤で決まって体調を崩すようであれば、日勤のみ

2016年11月20日 | 日記
夜勤で決まって体調を崩すようであれば、日勤のみが可能な職場もあります。


注意しておかなくてはならない点として、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、やはり、夜勤で働く看護師よりも収入が少なくなることが少なくありません。


今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。


学校を出てすぐに勤務した病院で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。


でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、どうしても転職したい、と強く思ったのです。


それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。


そういうサイトを見たり、本を探したりしながら苦労しながらも、仕上げることができました。


でも、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだとつくづく実感したものでした。


よくきく話として、看護スタッフが違う仕事場を求める訳としては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。


前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、マイナス要素をあげてしまうと、相手側の心証を悪くしてしまいます。


それがいくら事実であろうと素直に明かす意味もありませんので、積極的な姿勢で求職していることを言えるように準備しておきましょう。


出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、看護師のこれは多いです。


そんな風に、出戻りがしやすいかどうかというのは辞めた状況により変わってきます。


結婚や、遠方への引っ越しにより辞めることになったり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、出戻りもしやすいはずです。


こうしたケースは、実際にとても多いようです。


それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして復職を果たす、という人も増えてきています。


様々な病気を抱えた患者に出来るだけ安心感を持ってもらうためにも、病院に勤める看護師は見た目にも注意することが必要になります。


女性の看護師の場合、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのが一番良いでしょう。


スッピンとはまた違って、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象が変わりますよ。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あまり一般的ではないかもし... | トップ | 看護師でも転職回数が多いと... »