Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

修学旅行やツアーなどに一緒に行って

2016年10月12日 | 日記
修学旅行やツアーなどに一緒に行って、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。


結婚していて子供のいる人は土日に休めたり、夜勤が求められない職場を希望しているものです。


病院以外の場所で働くのであれば、働こうとするところに適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用が決まりやすくなります。


産業看護師とは、企業に勤務する看護師のことを指します。


看護師といったら病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室などを設けている会社もありそういう場所で働く人もいます。


仕事の中身及び役割といったことは勤務する会社によって色々ですが、社員の健康を守りそして管理するというのは基本的な仕事と考えてください。


よくきく話として、看護スタッフが違う仕事場を求める訳としては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。


たとえ事実であったとしても、元の仕事で人との関わりが辛かったとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、負の動機であった場合、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。


たとえ本音がそうだとしてもストレートに伝えることはないですから、未来志向であることを印象付ける志望理由を表明してください。


一口に看護師と言っても、配属された科の診療内容によって、看護技術やケアなど、看護の方法が違います。


ローテーション研修は、看護師にとって他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。


また、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、多くの知識を身に付けることが出来ます。


今後の進路を考える事もできますから、看護師としてのやる気も高まります。


日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、医療の立場から支援したいという思いを抱える看護師の人も少なくないでしょう。


実際に、日本の看護師は海外からの需要が高く、笑顔で患者を支えることの出来る看護師は、多くの国で求められている職業です。


当たり前の事ですが、海外では医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英語が必要不可欠なのです。


看護師として海外で働きたい場合、英語を身に付ける事を優先しましょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 資格の面からみると看護師の資格 | トップ | 私が看護師になった理由はま... »