Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就

2016年10月29日 | 日記
学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に、どこに配属されるかは大変気になりますが、100パーセント希望通りにしてくれることもありますが、そこで人事を引き受ける人の見解により、確定されたりすることもありそうです。


配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、検討された結果であることがほとんどでしょう。


でももし、その配置に不満がやまないのなら指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。


以前はそれ程一般的ではなかった、看護師各々の能力評価ですが、最近ではこれを行っている病院は多いです。


ちゃんと個人個人の能力について測ることを目的に、一からスケールを作っていった病院もあるようです。


月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、成長の度合が分かりやすいように、一年に一度、という所も多いようです。


このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、やる気や、スキルのある看護師にとっては、とても良いシステムでしょう。


要資格の専門職である看護師ですが、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。


引っ越し、結婚、出産という類の一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、中には、自らの看護師スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。


そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。


そうでなければ転職そのものが危ぶまれます。


もっと多くの経験を積むために総合病院を希望したい、設備の揃った総合病院で、最先端の看護を学びたい、などなど前向きな志望動機があれば良いでしょう。


看護師であっても転職している回数が少なくないと悪いイメージにつながるかというと、確実にそうであるとは限りません。


自己アピールの方法次第で、経験が多くあり、意欲的であるというイメージを与えられるかもしれません。


とは言っても、勤務の年数がほんのちょっとの場合には、採用後、すぐやめると思ってしまう可能性が高いでしょう。


基本的に定休制の会社員とは異なり、看護師の休みは勤めている現場で異なっていますから、一概には言えません。


3交代勤務の場合、先にシフトが組まれていますので、土日祝日は出勤で平日が休みになったりするようなことも当たり前にあります。


一見大変そうなシフト勤務ですが、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 看護師という仕事に就いてい... | トップ | 一般的に、看護部長の下につ... »