Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

看護士の求人はいくらでもありますが、希

2017年04月04日 | 日記
看護士の求人はいくらでもありますが、希望に見合う条件の求人がある訳ではありません。


看護師の資格を持つ人で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。


なるべく給料が高くて職場環境が良く、夜勤の必要がない勤務先に就職したいとほとんどの方が思っています。


求める条件に合う転職先で働くためには、情報収集が重要です。


ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる看護師の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは回復して退院した患者さんが、わざわざ改めて、病院まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。


そしてまた、患者さんのご家族に笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、大変に感動したりします。


よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、仕事からやりがいを得られない場合は、きっと辞職しようと願ってしまうでしょう。


看護師と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、その一方で困難もまた様々なのです。


肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、医療現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。


大変だと知りつつ、看護師という職業を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、デメリットに目をつぶることが可能なくらい長所も多いということに他なりません。


一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと階級も上がっていきます。


階級として、婦長などは誰でも知っている役職ですが、また別に主任などの役職があるのです。


最近では、学生やパートの看護師も多くなっていますので、資格を持った正看護師という地位もそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。


役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。


治療の補助や患者の各種ケアなど、看護師の業務は多岐に渡り、必要とされる度合いがとても高いですし、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。


病院は24時間休みなく動いていますから、看護師も病院に24時間いることになり、日勤業務と夜勤業務に分けられてシフトを組んで交代でこなしていきます。


夜勤業務があるので、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近では、看護師は足りてい... | トップ | 医療の現場に携わる仕事とあ... »