Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

看護師国家試験に合格するよりも、看護学校の卒業の方

2017年05月14日 | 日記
看護師国家試験に合格するよりも、看護学校の卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。


看護学校は大変厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたりテストに落ちてしまう等、ちょっとしたことで留年してしまうようです。


それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験にも受かった人にはぜひ看護師として現場に出て欲しいですね。


昨今は高齢化社会が進み、福祉施設であっても看護師のニーズは拡大してきているのです。


また、大手の会社になると看護師が医務室などにもいてストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談を実施しております。


このような時は、社員としてその会社や企業に入社することもあるようです。


看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、勤労条件についての要望を始めに言語化できるようにしておきたいものです。


ナイトナースはできない、充分な休みが欲しい、人が亡くなるのは仕事であっても見たくないなど、リクエストには個性があります。


看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、合わないと思われる仕事場で忍耐し続けることは無為に時間を費やすことになりかねません。


同じ病院に長く勤務していると昇進し、階級が上がることがあります。


例えば、婦長といったら誰でも知っている役職ですが、他にも役職があるのです。


昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も多くなっていますので、資格を持った正看護師という地位もそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。


当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。


看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが申込理由です。


どうしてこの仕事場がよいのかを好感をもってもらえるように表すのはそれほどシンプルなものではありません。


高給料であるとか、休みがちゃんと取れるというのは実際には判断要素になりますが勤務条件の利点を並べるのに比較して、看護職の能力をさらに深めたい等、前向きな理由付けの方が好まれ、パスしやすくなるでしょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どのような仕事にも不満や悩... | トップ | シフト勤務で働く看護師にと... »