Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も

2017年04月25日 | 日記
病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も、病気の患者と接する場合が多いので、不信感や不安を与えないために、髪形に気を配っておきましょう。


看護師として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、清潔感を第一にすることがポイントです。


とはいえ、職場の環境や方針次第では、看護師の髪形に対するルールが違うことを覚えておきましょう。


注射や採血は看護師が行う仕事の代表的なものです。


好んで注射や採血をしてもらうような人は稀でしょうが、注射されるなら痛みが少ないようにお願いしたいですよね。


でも、注射針を刺すのは看護師の腕次第ですから、注射が得意な人と不得意な人がいますから、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。


上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。


仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、看護師の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。


けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。


さて、看護師として長く働き続けると、医療の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、他人の状態がどうか、ということのみならず、自身の身体に関しても状態を自覚したりできるようになります。


看護師の資格を手にするには、何通りかのコースが考えられます。


看護師免許を得るためには、国家試験を受ける必要がありますがいきなりは試験を受けさせてもらえません。


試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうちどれかの学校で、看護に関して勉強することが必須になっているのです。


気になる看護師資格の難易度ですが、どの程度だと思いますか?受験生全体の看護師国家試験合格率は毎年90%前後のようです。


内容も学校でしっかりと勉強していればそんなに難しい試験ではありませんので、全く看護師の資格取得は難しいものでもないようです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜勤シフトもあって、看護師... | トップ | 医療従事者という意味では、看護 »