Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

仕事場が医療現場であるだけに、看護

2016年10月08日 | 日記
仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く神経を張りつめていることが多く、そうこうしているうちに強いストレスを経験することになります。


ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、メンタル面にもつらい部分があると言えます。


溜めてばかりだと良いことは少しもありません。


解消の仕方を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、看護師というハードな仕事を続けていくためには重要視した方が良いようです。


看護師という職業は収入が安定しているというイメージを持たれやすいのでローンの際も、比較的審査が通りやすいと言えます。


けれども、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の看護師だとそう簡単にはいかないかもしれません。


ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは非常勤でなく、正職員として働いているような安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、非常勤で勤務している人の場合、看護師であってもローンが難しいことがあります。


よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。


なので、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。


特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちに多くの看護師が自然な生活のサイクルを失い、そうこうしているうちに、体調を悪くする人もいます。


立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければ疲れは身体から抜けることなく、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、身体に無理をさせているのかも、と実感してしまうことはあります。


医療のスペシャリストである看護師が必要な施設というのは、確かに病院が多いですが、他にもあります。


「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においても看護師は必要とされています。


グループホームで生活しているのは、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。


介護関係に携わりたいという看護師の方は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのも視野に入れてみてください。


看護師の資格というものは日本の法律では医師の診療を補助する役割を担うということが決められています。


医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。


そうはいっても、急変時や、急を要する場合には、キャリアのある看護師には医療行為も少しぐらいは許可されてもいいのではないかと考えています。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 専門職である看護師として働... | トップ | 日本全国の看護師の年収は平... »