Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

実は、看護師にはちゃんとした階級が存在するのです。

2016年12月13日 | 日記
実は、看護師にはちゃんとした階級が存在するのです。


高い階級から言うと、各病院の方針によっても異なりますが、普通は看護部長や総看護師長がトップにあたります。


具体的に、どのように階級が上がるのかというと、勤務年数を長くして、周囲から信頼されるような人材になることが必要だと言えます。


当然ですが、階級が高い程、高い収入を見込めます。


若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師は大多数が女性でした。


しかし最近の傾向は、看護師という名前も定着して、男性が働くことも珍しくありません。


現場で求められる看護師の能力を考えた場合、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。


女性的な優しさも大切ですが、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。


妊娠している可能性のある看護師には、特に気を付けてほしい事として絶対に放射線を直に浴びることのないようにする、というものです。


エックス線撮影やCTなど放射線を利用する検査の際、そこに居合わせることもよくありますから、注意するに越したことはありません。


薬品についても薬品に触れることは大変に多い訳ですし、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。


そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。


自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。


必ず適度な休憩を取るようにします。


ナースが仕事を変えるに当たって窓口としては、現代はパソコン、モバイル端末を用いるのが大部分となってきました。


看護職に特化した人材派遣サイトをうまく使えば、支払いは発生しませんし、気になったらその場ですぐ人材募集の要項などの情報をリサーチすることもできます。


転職活動が実を結ぶようにするには、多くの情報を比較することがポイントになりますから、転身したいと思ったなら、まずは入会してみてください。


勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、案外、ある程度自由にできる面も無い訳ではありません。


それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、小さな子供がいる人でもそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。


子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、看護師という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。


ついでに言うと、看護師も他業種と同じように8時間勤務です。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 少子化や高齢化のために、医... | トップ | 看護師の仕事といっても、部... »