Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

夜勤は看護師にとって避けられるものではありませんが

2017年11月14日 | 日記
夜勤は看護師にとって避けられるものではありませんが、決まって体調を崩すようであれば、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。


注意しておかなくてはならない点として、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して収入が減ってしまう事がほとんどです。


今の収入を減らしてでも、夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。


他の職業の場合も同じだと思いますが、看護職員の方が別な仕事場を検討するとして、苦心するのが志望理由です。


どういう理由でその勤務先を希望しているのかを好感をもってもらえるように表すのはそれほどシンプルなものではありません。


高給料であるとか、休みがちゃんと取れるというのは実際には判断要素になりますがそうした好待遇にフォーカスするより、看護職の能力をさらに深めたい等、やる気を印象付ける言い方をしたほうが合格へ近づきやすくなります。


新しい看護師として、初めて病院で働くことになった際に、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、大体希望を叶えてくれる病院もありますし、人材を管理する人の胸三寸で左右される場合もあるかもしれません。


全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、導き出された結果としての配属であるはずです。


でももし、その配置に不満がやまないのなら直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。


総合病院から介護施設まで看護師は様々な場所で求人がありますが、看護師が働ける職場として実は、保育園があります。


保育園を職場にするのは、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は適任の職場だと言えます。


保育園でどのような仕事をするかと言うと、看護師として子どもたちの健康をケアしながら、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする必要不可欠な仕事なのです。


医療に関わる職種の中でも看護師という職業は特殊な仕事と認識されることが多いですが、他職種と同じように、労働組合のようなものがなければきちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。


ストライキを起こそうにも看護師という仕事では難しいため、雇う側の立場の人間が、きちんとした配慮を行うことが大事だというのは当然の事実です。

この記事をはてなブックマークに追加

看護職員の方が仕事場を変える時にも、面接対策は欠かせ

2017年11月14日 | 日記
看護職員の方が仕事場を変える時にも、面接対策は欠かせません。


面接担当官に悪印象だと、ナースは人手不足といえど残念ながら採用を見送られることもあるのです。


良い雇用環境と思われる仕事場はエントリーの数も増えるため、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして採用面接に向かうことが大切です。


クリーンな印象のファッションで、イキイキと応対するのがポイントです。


一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり給料が高いという印象があるのではないでしょうか。


現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態などハードな職業ですが、給料で見れば平均して高水準を続けられることが分かっています。


景気に左右されないのも強みでしょう。


こうした安定性と給与の高さから見ると、看護師を選ばない理由はないでしょう。


看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで看護師の中でも小さな子を持つ場合には大変な懸念事項となっています。


ある程度の年齢までなら24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、託児室を完備している病院に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。


ですので、やむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方も多くいるということです。


なんといっても、看護師という職業はその他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。


それが理由なのかはわかりませんが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。


しかし、時間的余裕の少ない職業でもあります。


病院によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けていると耳にすることがあります。


給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最も理想的であろうと感じます。


看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、別段、看護師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。


けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。


さて、看護師として長く働き続けると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、人の身体がどんな具合か、だけではなく、自身の身体に関しても異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。

この記事をはてなブックマークに追加