Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

医師の仕事と看護師の仕事の間の、

2017年11月05日 | 日記
医師の仕事と看護師の仕事の間の、二つの間には大きな違いがあります。


はっきりした違いは、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、健康を維持するためのアドバイスをしたり薬を処方することが仕事とされています。


他方、看護師の場合は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、診療面で医師の補助をしたり、心身ともに患者のケアするのが主な業務です。


看護師の仕事は異業種に比べると高給です。


その結果かどうかは不明ですが、ファッションに敏感な人が多いと思います。


そうはいっても、看護師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。


ほとんど休めない様な病院もあって、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だというのは珍しくありません。


給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最もいいと思います。


高校入学時に衛生看護科に進むと、他の方法よりも早く国家試験の受験資格を与えられるので、看護師の資格を得るのが一番早いでしょう。


ただ、途中で進路変更を考えても変更するのは大変です。


さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが準備期間が足りないために勉強したり実習をこなす量が少なくて試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。


働く看護師にとって頭が痛い問題といえば、勤めている職場の人間関係の問題や夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。


看護師には女性も多いので、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も少なくありません。


また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。


自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのもアリだと思います。


昔から、看護師は比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。


現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など大変な仕事ですが、収入に面に注目すれば、他の職業より高収入を続けやすいことが見て取れます。


また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。


こうした安定性と給与の高さから見ると、看護師はメリットの多い職業だと言えます。

この記事をはてなブックマークに追加

看護師の仕事といっても、配属先の科によって、

2017年11月05日 | 日記
看護師の仕事といっても、配属先の科によって、看護技術や処置もまた違います。


配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修は自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、多くの意見を参考にしながら知識を深められるでしょう。


将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、モチベーションが上げられると言われています。


高齢化が進み、看護師は福祉施設などでもニーズが増加傾向にあるのです。


それだけでなく、大きな会社になると医務室があり、そこにも看護師がいて健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを実施しています。


こういったケースは、社員としてその会社や企業に入社することもあるでしょう。


看護師を志したのは中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、介護施設を訪問し、そこでの看護師さんの働きぶりを見て感銘を受けたのが事の始まりでした。


大人になったら、ああいう風になりたいと感じたのが始まりで看護学校に行くことを決め、現在は看護師として勤務する毎日です。


辛くなってしまうようなことだってあるのですが、充実した日々を過ごしています。


たくさんの人と出会える街コンですがこのイベントに参加する看護師の方は少なくありません。


女の職場なので、男性との出会いというものが少なくて、結婚相手を見つける目的などのある看護師が、街コンに参戦しています。


看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。


ですが、もし、恋人同士になれたとしても、仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、駄目になってしまうこともあるようです。


高校に入った時点で衛生看護科に入学すると、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、看護師の資格を得るのが一番早いでしょう。


ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更するのは簡単ではありません。


また、最低5年で試験を受けられますが短い準備期間のために試験に向けた勉強や実習が不足するために簡単には試験に合格できないという面もあるようです。

この記事をはてなブックマークに追加