Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

一口に看護師の仕事と言っても

2017年11月03日 | 日記
一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。


なので、病棟勤務の経験しかないのであれば、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。


それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、その技能を一番発揮できる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。


仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。


大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。


病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、このところ次第に医療的な処置を必要とする人々が増えてます。


ということはつまり、医療機関で働く看護師に関しても大勢が働いているべきなのに、今のところ、どこでも人手は足りていません。


けれども、それほど人手が足りない状況だと、求人募集がとても多いということでもあり、転職先に困ることはない、という大きなメリットもあります。


一般的に見て、看護師の給料というものは良いですが、詳しく見てみると純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて給与が高くなるといえるでしょう。


ですので、看護師としてより多く稼ぎたければ、どこで働くか考える時、日勤のみではなくてできるだけ夜勤帯のナースとしても活躍できるところにするといいですね。


夜勤帯に働くかどうかで給料の額は違ってきます。


仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。


ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。


なお、看護師という職についていると、自然にそれなりの知識もついてきますから、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、自身の身体に関してもわかるようになったりするようです。


看護師は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は大病院や個人病院など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。


では、退職金についてはどうなっているかといえば、都道府県や市町村などによる公立病院や、あるいは国立の病院なら、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。


翻って個人病院の状況ですが、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。


公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。


他はそうとも言えない、ということになるでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

看護師として働くことは、ドラマのようにうま

2017年11月03日 | 日記
看護師として働くことは、ドラマのようにうまくはいかないのが現実です。


普通やることもたくさんあるのですが規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、残業を強いられることがままあります。


とはいえ、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、笑顔で患者さんやご家族とは接しています。


つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしてもぱっと笑顔を作れるのですから時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。


看護師がどんな風に思われているかというと、白衣の天使と呼ばれている通り、世間一般では良い印象を持たれていることが多いと言えます。


しかしながら、看護師の現状はというと、収入面ではそう悪くはないとはいえ、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている看護師というのも少なからず存在しているのです。


肯定的側面を見るだけではなく、現実問題として看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。


看護士も看護師も、読みは二つとも一緒ですが漢字で書いてみるとどちらでも書くことができます。


少し前までだと、看護士というと男性のことで女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。


2001年の法律改正を機に、男女とも使える看護師の呼び名にまとめられることになったわけです。


要資格の専門職である看護師ですが、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。


きっかけが結婚や出産だったり諸事情による転職も多いですが、人によっては看護師としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。


転職の動機がスキルアップなら、具体的な志望動機を示さないと志望した病院に、断られてしまうこともあり得ます。


なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、大病院で最先端の治療に接したい、というように志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。


看護師の勤め先といえば、病院と考えるのが妥当でしょう。


しかし、看護師の資格を活用できる職場は病院以外にも多々あります。


保健所では、保健師と連携し地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の仕事です。


それから福祉施設には医師が常駐しているところは多くなくほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。

この記事をはてなブックマークに追加