goo

払う時は別の顔/出口見えぬ保険金不払い 自浄努力、鈍い動き

2007-04-15 01:11:44 | ニュース
状況によって「顔を使い分ける」のがニンゲン。

でも、それを企業がやると「外道」になる。









出口見えぬ保険金不払い 自浄努力、鈍い動き(抜粋)
2007年4月14日

保険金不払い問題が

底なしの様相を呈している。

生命保険主要12社が13日

金融庁に報告した保険金不払いの件数は

「合計22万件、265億円」

にのぼるが

これでも「中間報告」で

なお終息の兆しがみえない。

激化する販売競争の陰で

「適切な支払いあってこその保険契約」

という保険業の原点が見失われ

業界全体に契約者軽視の風潮が蔓延していた。

生保・損保業界では

「実態解明に向けた自浄努力」

にも鈍さが目立つ。

契約者の保険不信は深まるばかりだ。

保険金不払い問題がここまで拡大・長期化したのは

業界全体の横並び体質にある。

平成17年に

「明治安田生命保険での保険金不払い問題」

発覚後も

業界他社の危機感は薄かった。

契約者に顔を向けた経営でなく

「横並びの甘い基準による自主調査」

に流されたことが

契約者保護政策を進める当局をあきれさせ

強制調査に踏み切らせた。


保険商品は複雑だ。

今回の生保の調査では

保険会社がきちんと説明しなかったため

契約者が保険金を請求できなかった事例が目立つ。

損保でも

自動車保険などの不払い調査を昨年9月に終えたが

支払いが複数社にまたがる

「他社またぎ」

が新たに判明し

調査は泥沼に陥った。


不払い問題の拡大には

成熟した国内市場で

「規制緩和」

が進み

競争激化で

「顧客獲得や収益拡大を優先する事情」

があったと指摘されている。


損保各社は

10年の保険自由化による販売競争の激化を受け

一斉に主契約に付随する特約の拡充に走った。



「社員でも完全に把握できない」(大手損保幹部)ほどの特約は

契約者を置き去りにした。

生保業界でも

「(契約者から)請求がなければ支払わず」

といった自己都合の意識が横行し

不払いの理由に仕立てていった。


<東京海上日動火災保険 隅修三次期社長>
13日の各社の記者会見
「市場から退場となる危機感がある」


トップから末端まで染みついた契約者軽視の意識を

全社員が変えるのは容易ではない。










実際、保険の担当者と話したことがあるが

「払う状況」になると

トタンに渋りだす。



「じゃあ、なんで保険に入ってたのさ」

ってコト。



いざという時にもらえないんなら

「保険に入ったつもり」で

「貯金」や

「利殖」

した方がマシ。



運良く

「何も起きなければ」

「大儲け」

だ。



保険会社のシステムも

「それ」

だ。



オカネを預かり

「運用」し

「増やす」。



運良く

「事故が起きなければ」

「支払」

もない。



「YAWARA」や

「20世紀少年」

「モンスター」

で有名な浦沢直樹さんの作品で

「マスターキートン」

というのがあるんだけど

主人公の職業は

「保険会社のオプ(調査員)兼大学講師」

だった。



その主人公が保険の始まりについて語るところがあった。



それによると

保険の始まりは

「海難保険」。



「期間内に船が沈むか沈まないか。それに賭けるギャンブル」

と彼は言っていた。



そう

「ギャンブル」

です。



「折り目正しく」

「スーツを着て」

「平身低頭」

でやってきても

「賭博」

なんですよ、あれは。



「お年寄りでも入れます」とか

「病気でもOK」。



おかしいでしょ、どう考えても。



病気になったらもらうのが

「保険」

でしょう。



それに

「お年寄り」は

「病気や死亡のリスクが高い」。



なぜ入れるのか?



「賭けのレートを操作」したり

「限定」をつけたり・・・。



「保険の契約書」って

「細かい文字が多くて読みづらい」。



それは

「じっくり読んで欲しくないから」。



そうやって

新しい客を開拓してる。



今回の事件で

そのいやらしい裏側が

少し透けてしまったってコトですね。



賭け事ってのは

「胴元が損しないもの」。



ウィキペディアによると

JRAは「毎年3,000億以上」を

国庫に納入する超優良特殊法人だそうです。



「公営ギャンブル」

儲かってますねえ。



その一部を頂こうってのが

「ノミ屋」

ってヤツ。



競馬場に行けない人たちのために

「代りに注文受ける」

違法なお仕事ですね。



オッズが偏らないようにしたり

「損しないため」に

イロイロするみたいですが

その彼らでさえも









「配当金を払わない」ってのはあり得ないですよ、もちろん。

MASTERキートン (1)

小学館

このアイテムの詳細を見る
goo | コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
 
 
こんにちは (保険トニュース)
2007-04-15 05:59:08
はじめまして^^
いろんなサイトに訪問させていただいています。

私の保険のサイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://hokenhoken77.blog99.fc2.com/blog-entry-307.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
 
 
 
ありがとうございました (管理人)
2007-04-15 19:19:46
これからもよろしく
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。