エウアンゲリオン

新約聖書研究は四福音書と使徒言行録が完了しました。
新たに、ショート・メッセージで信仰を育み励ましを具えます。

人の子が来るのを見る

2016-10-17 | メッセージ
マルコ13:24-27


マルコ13章は「小黙示録」とも称され、終末についてのイエスのことばとやりとりとが掲載されています。この時にまとめて言ったのかどうかは定かではありませんが、史上初の福音書記者マルコは、エルサレム入城後、間もなく十字架が迫る中で、この記事を置きました。

偽キリスト出現の警告ののち、いよいよ「その日」がどうであるかを語ります。太陽や月、星が異状を来します。それらはまず、光を失います。神は光ですから、これは一度神が見えなくなる、ということの象徴であるようにも読めます。あるいは、この世界でそれまで光だと人々が思い込んでいたものが、実は永遠の光ではなかったのだ、ということに人々が気づく、というふうに読むこともできるでしょう。私は後者を受け止めてみました。

人間が、当然これは真理だと思い込んでいたり、これさえあればと頼りにしていたりしたもの、あって当たり前だと安心していたものが、実はただの被造物で、有限なものに過ぎないということが、はっきりとしたということです。偉大な天と思われたものが、もう定まった運行をすることもなく、人の計算するものが崩れ去ってしまうわけです。

「そのとき」、人の子が、力と栄光を帯びて雲に乗って来ます。「人の子」は難しい言葉ですが、黙示預言で終末に現れるメシヤを、聞いたユダヤ人は想定したと思われます。だからこそ、ユダヤの裁判においてイエスがこの言葉を使ったとき、大祭司が狂ったように叫び、律法学者たちもこぞって死刑だと決めにかかったのでしょう。そもそもは、人間に過ぎないような者だという言葉であると思われますし、イエスが人となられたことを含んでいるようにも見えますが、当時わざわざこの言葉を使うというのは、メシヤと関連することなしには考えられなかったのです。

人の子は、天使たちを使わし、世の果てから、選ばれた民を集めにかかるとイエスは言いましたが、これがメシヤの業だという、紛れもない宣言と受け取られました。非常に抽象的な表現ですが、ユダヤの世界では、これが冒涜に聞こえました。確かに、もしもいまこんなことを言う者がいたら、誰がついていくでしょうか。ほんとうにこのイエスの時代は特殊すぎること、この上ないものです。この先、イエスは、もう「その日」のことは話しません。だから目を覚ましていよ、ともちかけます。

この人の子が来ると話すとき、イエスは、それを「人々は見る」と告げています。これは重要な点です。ただ来るとは言っておらず、これを人々が見る、と言っています。目撃するのです。勝手に神が来るのではなく、人々が目撃証人となるのです。

いま、キリスト者は、すでに目撃証人となっています。信仰の目で、イエスの復活を見ました。十字架と復活を見届けました。このことの証人として、聖霊を受けたキリスト者は福音を告げに立ち上がります。かつてイエスが語り、いまだ実現していない神の出来事を、いまここにいるキリスト者が、すでに目撃している事実を、大切に心に抱き続けましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落ち着いた生活 | トップ | 狭間の時代で »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。