少年の心が蘇るファンタジー:エラゴン~遺志を継ぐ者~(2006年19本目)

   
悪の王国に囚われの身のお姫様。
悪に立ち向かう正義の勇者・・・そのヒーローに自分自身を重ねる。

そうなんだよな~。
これって洋の東西を問わず、
男って子供の頃、おもちゃをいじりながらとか
砂場で遊びながら、夜に布団の中で
そんな妄想にふけるもの。

だからこそ大人になっても、その感覚が忘れられずに
『スターウォーズ』や『ロード・オブ・ザ・リング』に
多くの男性が夢中になるんだと思う。


でもその自分の頭の中のおとぎ話を、本にまで書き上げられる表現力を
持っている人間はそうそういない。

このエラゴンは原作者のクリストファー・パオリーニは
この物語を15歳から書き始めて17歳に完成したというから、
その表現力、構成力の才能は素晴らしい。

しかも大人になってから書いたものじゃないだけに、
より少年らしいファンタジーにあふれている。
(その分、もっと凝った展開を好む映画ファンとは
感覚的にズレを生じる可能性もあるけど)
(あらすじと内容はエラゴン 遺志を継ぐ者 - goo 映画を参照してください)


ストーリーは上に書いたとおり、悪の王国やお姫様、など
他のファンタジーと同じ『王道』をしっかりと歩むもので
特に目新しいものはこの1作目にはない。

このファンタジーの一番の大きな特長は『ドラゴン』の存在だ。



西洋の少年にとっては『ドラゴン』って
いかにも典型的なおとぎ話の素材ではないだろうか。

しかもこの『ドラゴン』が
本当に西洋のおとぎ話に出てくるドラゴンそのもの。
いわゆる日本の『怪獣』や『恐竜』から連想する爬虫類ぽさがない。

同じファンタジーでも「ロード・オブ・ザ・リング」のドラゴンは
キリスト教的な邪悪なものというイメージだったけど
この映画のドラゴンは欧州の神話に出てくる『霊獣』って感じの外観だ。

それに、このドラゴンが雌という設定も意外だった。
これは主人公との絡みで面白そう。

映画の中の戦闘アクションは空中戦が主体だけど、
飛行機型やバイク型の乗り物を使った空中戦よりも、
それぞれ意志のある生物の乗り物とその乗り手(ライダー)の組み合わせで
カップル同士の戦いというところに新しさと面白みがある。

VFXの仕上がりもなかなか迫力があったし、
セットや映像、音響もよかった。

キャラクターも主人公の17才エド・スペリーアースは
あのスターウォーズのルークを連想させるけど、
まぁ男の子が夢の中で自分をヒーローにすると
現実はどうあれあんな感じなんだろうな・・・。
自分をあくの強いキャラに連想する子供はまずいないだろう

この壮大なファンタジーがたった2時間弱で終わるはずもなく、
今回は続編へのプレリュードって感じのストーリーだったが
十分に『掴みはOK!』だったと思う。

真価が問われるのは次回作だと思う。
そのための投資だと思って観ると十分に楽しめる。

とりあえずは創刊号って感じの映画。
評価は次を観てだね。
にほんブログ村 映画ブログへ
コメント ( 2 ) | Trackback ( 33 )
« 意外な犯人 岩手県ちばけ... »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございます (ichi-ka)
2006-12-25 23:06:58
ドラゴンが物語りに大きく絡んでくるファンタジーというものは初めて観た様な気がします。
そんな世界観の中で、ドラゴン(=サフィラ)が魅力的に描かれていたのは良かったです。
この映画のヒロインってサフィラですよね!?

次回作、楽しみです。
 
 
 
エラゴン (傷だらけの天使)
2006-12-25 23:33:27
ichi-kaさん>
コメントありがとうございます。
サフィラが本当の主役かもしれないですね。
原作の表紙も彼女の顔でしたから。

本当に次回作が楽しみです。
 
コメントを投稿する
 
コメントをするにはログインが必要になります

ログイン   gooIDを取得する
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
エラゴン 遺志を継ぐ者 (ネタバレ映画館)
ドラクエではドラゴンライダーは敵キャラです。スライムナイトの色を変えた奴です。
 
 
 
『エラゴン/遺志を継ぐ者』 (Sweet* Days)
CAST:エドワード・スペリーアス、ジェレミー・アイアンズ、ジョン・マルコヴィッチ 他 STORY:かつて平和だった帝国アラゲイシアは、ガルバトリックス王(ジョン・マルコヴィッチ)の圧制の下混乱の中にあった。そんな中、農場に暮らす17歳のエラゴン(エ ...
 
 
 
エラゴン 遺志を継ぐ者/エド・スペリーアス、ジェレミー・アイアンズ (カノンな日々)
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/cinemaopensaloon/diary/200612220000/ec993/ http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/44629b302962a815147a8441cc404b46/a1
 
 
 
エラゴン/遺志を継ぐ者 (Akira's VOICE)
全く心踊らないファンタジーアドベンチャー・・・
 
 
 
『エラゴン 遺志を継ぐ者』 (ラムの大通り)
(原題:Eragon) ----この作品、今週から公開だよね。 「うん。日劇1がメイン・シアターだから、 本来ならば、今年のお正月映画の目玉のはず。 でも、ぎりぎりまで姿を現さなかったね」 ----確か、原作は大ベストセラーになったんだよね? とても若い人だと聞いて ...
 
 
 
エラゴン 意志を継ぐ者☆独り言 (黒猫のうたた寝)
観る前から、イメージがスター・ウォーズだった『エラゴン 意志を継ぐ者』主役の少年・・・ルークにしか見えなくなっちゃってて^^;んで、ジェレミー・アイアンズはオビ・ワンね(笑)そんな状態で観てるので・・・あぁ、いつになったらC3-POやR2-D2出てくるん ...
 
 
 
エラゴン見ました。 (TV好きOLの徒然日記。)
前人気から気になっていたのだけど
 
 
 
エラゴン 遺志を継ぐ者・・・・・評価額1350円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
世界的な、ベストセラーファンタジー小説の映画化・・・。 原作は未読なのだが、所謂古典ではなく、最近のファンタジーブームに乗った作品の様だ。 これがどの程度原作に忠実な作りなのかは判らないのだが、映画はなんだか
 
 
 
映画:エラゴン試写会 (駒吉の日記)
エラゴン試写会@よみうりホール 「恐れは勇気になるわ」 超王道のアクション・ファンタジー、ドラゴンに選ばれた普通の少年、邪悪な王と不気味な手下、王に反抗する勢力、魔力に剣、予言。。。定番すぎるくらい定番でまあストーリーも予想以上のことはな ...
 
 
 
エラゴン 遺志を継ぐ者(映画館) (ひるめし。)
少年はドラゴンに命を与え、ドラゴンは少年に未来を与えた
 
 
 
エラゴン 遺志を継ぐ者 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
全40カ国でベストセラー!『ロード・オブ・ザ・リング』『ハリー・ポッター』の魂とスケールを受け継ぎ“伝説”となった「エラゴン」が、遂にスクリーンに登場する。ダイナミックなイマジネーションに満ちた『エラゴン』を映画化するにあたり、理想的なキャスト ...
 
 
 
エラゴン 遺志を継ぐ者 (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
またまたファンタジー3部作。 多いですね。しかも後発。 でも面白かったーーー(≧∇≦)
 
 
 
★「エラゴン 遺志を継ぐ者」 (ひらりん的映画ブログ)
劇場公開初日(206.12.16)のナイトショウ(0:00~)で観てきました。 予告編でも何度も見てるし・・・ 最近CMもバンバン流してるので、 お客の入りは夜中にしてはまあまあかなっ。
 
 
 
エラゴン 遺志を継ぐ者 (ルナのシネマ缶)
三部作の一作目! すごく楽しみにしておりました。 ブルーのドラゴン! 良かったですけどね~ 全体的には、ちょっと お子様向けの作りになっていて ちょっと残念でした。 主人公のエラゴン(エドワード・スペリーアス)は、18万人から 選ばれた新人さ ...
 
 
 
映画「エラゴン 遺志を継ぐ者」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年71本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。シュテフェン・ファンマイアー監督デビュー作品。クリストファー・パオリーニの世界的ベストセラーを空前のスケールで映画化したファンタジー・アドベンチャー超大作。邪悪な力に支配された世界を舞 ...
 
 
 
「エラゴン 遺志を継ぐ者」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「エラゴン 遺志を継ぐ者」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:エド・スペリーアス、ジェレミー・アイアンズ、シエンナ・ギロリー、ロバート・カーライル、ジョン・マルコヴィッチ、ジャイモン・フンスー、他 *監督:シュテフェン・ファ ...
 
 
 
エラゴン 遺志を継ぐ者 (映画鑑賞★日記・・・)
『ERAGON』公開:2006/12/16(12/23鑑賞)製作国:アメリカ監督:シュテフェン・ファンマイアー原作:クリストファー・パオリーニ    『エラゴン/遺志を継ぐ者~ドラゴンライダー1』(ソニーマガジンズ刊)出演:エド・スペリーアス、ジェレミー・アイアンズ、 ...
 
 
 
エラゴン 遺志を継ぐ者 (そーれりぽーと)
テクノロジーの進歩で映像化が難しいファンタジー小説の大作が次々に映画化され、分厚い本を読む機会が減ってしまった自分的にはとても嬉しい風潮。 今回は『エラゴン』が映画化されたので早速観てきました。 ★★★ VFXの技術はどんどん進化していて、こういう映 ...
 
 
 
龍 ~「エラゴン 意志を継ぐ者」~ (サナダ虫 ~解体中~)
シュテフェン・ファンマイアー監督作品、エド・スペリーアス主演の、 映画 「エラゴン 意志を継ぐ者」を観た。 かつては平和な土地だったが、今では邪悪な王が支配する帝国アラゲイシア。 農場に暮らす少年・エラゴン(エド・スペリーアス)は、ある日、森の ...
 
 
 
エラゴン☆意志を継ぐ者 99本目の鑑賞! (銅版画制作の日々)
MOVX京都にて鑑賞ブログを始めて観た99本目の作品です『ハリー・ポッター』『ロード・オブ・ザ・リング』といったファンタジーアドベンチャーシリーズをしのぐ映画という事だそうで、さっそく観に行ってきました。原作は若干17歳のクリストファー・パオリーニが書 ...
 
 
 
「エラゴン 遺志を継ぐ者」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「エラゴン遺志を継ぐ者」 監督:シュテフェン・ファンマイアー 出演:エド・スペリーアス、ジェレミー・アイアンズ、シエンナ・ギロリー、ロバート・カーライル、ジャイモン・フンスー、ジョン・マルコヴィッチ 遥か彼方の帝国アラゲイシア。 かつてエルフ、 ...
 
 
 
映画「エラゴン 遺志を継ぐ者」 (pm:3時)
監督:シュテフェン・ファンマイアー 出演:エド・スペリーアス、ジェレミー・アイアンズ、シエンナ・ギロリー、etc... Official Site 12/16、公開 クリストファー・パオリーニの世界的ベストセラーを空前のスケールで映画化したファンタジー・ア ...
 
 
 
エラゴン/遺志を継ぐ者 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  少年はドラゴンに命を与え、 ドラゴンは少年に未来を 与えた         評価:★5点(満点10点) 2006年 104min 監督:シュテフェン・ファンマイアー 主演:エド・スペリーアス ジェレミー・アイアンズ  ...
 
 
 
「エラゴン 遺志を継ぐ者」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
年末から昨日にかけて放送されたTV番組の数々。例年以上につまらないと感じるのは自分だけだろうか?大体、普段の日ならばいざ知らず、この時期の昼間から夕方に、今年程再放送(再編集という形も含め。)を垂れ流している年は嘗て在っただろうか。これは経費削 ...
 
 
 
エラゴン 遺志を継ぐ者 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ 久々にビビビっときたぜ! 
 
 
 
エラゴン ~遺志を継ぐ者~<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
今回、映画館の予告以外は全く予習無しで観に行きました。エラゴンって主人公の青年の名前だったのね。。。(~○~;)ファンタジー・アドベンチャーワタクシが最も好きなジャンルでありまするですが 何か物足りないと言う感じ。どこがどうだとか特に無いねんけど観 ...
 
 
 
エラゴン 遺志を継ぐ者 (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 104分 監督 シュテフェン・ファンマイアー 原作 クリストファー・パオリーニ 脚本 ローレンス・M・コナー 、マーク・ローゼンタール 、ジェシー・ウィグトウ 音楽 パトリック・ドイル 出演 エド・ス ...
 
 
 
【劇場映画】 エラゴン遺志を継ぐ者 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 17歳のエラゴンは、ある日、森で不思議な光を放つ青い石を見つける。その石こそが帝国アラゲイジアの命運を握る、ドラゴンの卵だった…!卵から孵ったメスのドラゴン、サフィラを密かに育て始めたエラゴンは、自分がかつて国を守っていた誇り高き ...
 
 
 
エラゴン 遺志を継ぐ者 (映画大好き!/Favorite Movies おすすめ映画・DVD)
待望の「エラゴン 遺志を継ぐ者」を観てきました♪ 美しい映像と音楽はファンタジー大作としては満足、ドラゴンが飛んでいる視線で映し出す映像も迫力いっぱいでしたし、 飛行シーンや空中戦もなかなか見応えがありま
 
 
 
「エラゴン/遺志を継ぐ者」 三番、四番煎じのファンタジー (はらやんの映画徒然草)
剣と魔法と姫とドラゴン。 ファンタジーものといったら出てくる要素をすべて盛り込ん
 
 
 
エラゴン 遺志を継ぐ者 (古谷千秋の食い倒れ日記)
毎月1日は映画1,000円というのは元日でも変わらない。
 
 
 
エラゴン 遺志を継ぐ者 (Eragon) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 シュテフェン・ファンマイアー 主演 エド・スペリーアス 2006年 アメリカ/イギリス映画 104分 ファンタジー 採点★★★ またウルトラマンメビウスの話でアレなんですが、実際最近コレばっか観てますもんで。一人を除いて全員が転校生(担任も含め)という、一種異...
 
 
 
『エラゴン 遺志を継ぐ者』06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじかつてはエルフやドワーフが人間と共存する平和な土地だったが今では邪悪なガルバトリックス王(ジョン・マルコヴィッチ)が支配する遥か彼方の帝国アラゲイシア。農場に暮らす17歳の少年エラゴン(エド・スペリーアス)はある日、森の中で光を放つ青い石を見つ...
 
 
 
 
<