☆ 支笏湖を上から眺めたかった (風不死岳)

紺碧の支笏湖を眺めて見たい思いから
風不死岳
に行ってきた。




6時30分 家を出る





2012、2015年に歩いている。
道に不安があったが
8時頃 何とか樽前山7合目ヒュッテに到着
駐車場にはまだ余裕があった。





登山届に記入 8時30分

タイミング良く、
苫小牧から女性4人のグループと一緒になり
遅い私が後を付いていくことにした。





あの先の裏側に風不死岳が聳えている





タルマイソウ
あちらこちらに咲いていた





イワヒゲ





樽前山と風不死岳の分岐点
右へ





春セミが道端に
拾って、空へ投げ出すと
青空に飛んでいった。





少しづつ高度を上げると
木々の間から 樽前山





ダケカンバ林





大きな岩に
盆栽のような木





平地で歩きやすい
左から風が流れていた





鎖を握り上へと登る
そのようなワイルド感がある岩場





野の花 (ミヤマハンショウヅル?)





フデリンドウ





この石を登ると、頂上だ





12時 風不死岳 頂上
この赤文字に特徴あり

霞みがかった支笏湖が眼下に見えた





湖面 左方面
徳舜瞥山、ホロホロ山 (?)





湖面 中央
恵庭岳





湖面 右方面
紋別岳、モラップ





樽前山





下山時、見つけた
ツマトリソウ





15時頃 登山口に戻った


帰りの時間のこともあり
先頭で下山させてもらった



休み休みの山歩き
そんな時
一口サイズのおはぎを頂き
パワーが増した
苫小牧の女性グループに感謝です!









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ☆ 北広山を歩く ☆ 渓流をジャ... »