CDショップ(+α)のおススメCD日記

何と、あまり聞いたことのないCDコメントの共同作業、つまりクロスレビューです。(不定期更新)

6月のおススメ盤(工藤)

2017年06月15日 | 音楽
Alex Sipiaginは高難易度の作曲と演奏の人っていうイメージがあって、今回は3管に、クリス・ポッターとウィル・ヴィンソンを使っているので、余計にそう感じます。まあ、自分の文章も「メカニカル」を多用し、変拍子とか、アンサンブルとか、こういうジャズを好む人とそうでない人がいるのは分っているけれど、自分にはたまらない1枚となってます。4曲目の「Blues For Mike」とはマイケル・ブレッカーに捧げるという意味らしく、ブルース色からけっこう遠いところを演奏しているんじゃないかなあ、と思います。でも好きなんですよねえ、こういうサウンドの曲たちも。


Moments Captured/Alex Sipiagin(Tp, Flh)(Criss Cross 1395)(輸入盤) - Recorded September 21, 2016. Chris Potter(Ts), Will Vinson(As, Ss), John Escreet (Synth, Key, P), Matt Brewer(B), Eric Harland(Ds), Alina Engibaryan(Vo on 2, 5) - 1. Evija Bridge 2. Moments From The Past 3. Unexpected Reversal 4. Blues For Mike 5. Breeze 6. Bergen Road 7. Dream

(17/06/12)全曲Alex Sipiaginの作曲(2曲目の共作は詞の方?)。3管でメカニカルな今っぽいジャズが目立ち、高難易度だと思います。ベースはアコースティック、エレキ両方。そんな雰囲気で、エレキベースとキーボードも加えてはじまる、変拍子基調の1曲目はオランダの美しい情景からとライナーにはありますが、しっかり現代ジャズ。ヴォーカル入りだけど、やはり変拍子と浮遊感を感じるややゆったりとした2曲目、エレピなどをバックに管が吹きまくりシンセが登場するという構図の3曲目、メカニカルな3管のテーマとその後に続くソロが心地よい4曲目、少し乾いていて大らかなメロディに心を落ち着かせる5曲目、流れるようなメカニカルなテーマと緊張感あるアドリブの6曲目、バラードからゆったりとしたビートになる7曲目。

ジャズCDの個人ページ(工藤)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« appleJam6月のお宝盤 | トップ | appleJam7月のお宝盤 »

あわせて読む