JAWAみんなの声

JAWAグループ職員、約500人の看護師、介護職員、保育士が、書き綴っていくブログです。

平成29年度 トライやる・ウィークのご報告

2017年06月16日 17時10分49秒 | そよか

お疲れ様です

 今年も5/29~6/2の五日間、そよかに大津中学校の男子生徒2人がきてくれました

 トライやる・ウィークとは、兵庫県が、1995年阪神・淡路大震災1997年神戸連続児童殺傷事件を機に中学生に働く場を見せて学習させようとする趣旨から、県内の中学2年生を対象として1998年度から実施されている職場体験である。 (出典:Wikipedia)とのこと

 今年で19年目となる兵庫県での取り組みで、ここそよかの職員もトライやるウィークを経験したパートナーが何人もいます 私自身、トライやるウィークの記憶は鮮明に残っており一生に一度きりの特別な体験として思い出に残っています

せっかくそよかにやって来てくれたなら中学生のみなさんには、私たちと同様に、とびっきりの思い出を作ってもらいたいそんな彼らのために試行錯誤したその5日間をご覧下さい

 初日は、介護技術体験や調理を一緒に行いました

和田パートナーによる熱のこもった指導に生徒さんたちも「はいっ」「わかりましたっ」とまるで部活動のような

雰囲気を感じ取れました

最後まで真剣な眼差しで指導を受ける生徒さんに感動も覚えました

 

続いて、ご利用者の皆様にたこ焼きパーティの開催です

普段あまり包丁を握る事も無いとの事でしたがゆっくりながら丁寧にたこ焼きを焼きあげて下さいました

皆さんと輪になってほくほくのおいしいたこ焼きを召し上がって頂きました

「こんなにおいしい物が出来るとは思ってもいませんでした」「こんなにおいしく作れるなら母にも作ってあげてみたいです

「皆さんに喜んで頂けて本当にうれしく思います」など等、立派な言葉の数々に感動しながらのたこ焼きパーティになりましたよ

また、その後には皆さんの大好物でるおはぎ作りにも挑戦です

最終日には、毎年そよかの玄関を彩ってくれるグリーンカーテンの準備を行いました

つい最近、そよかの玄関をリニューアルしたのでキレイに花開いたあさがおが楽しみで仕方ありません

あさがおだけではなく、プランターにマリーゴールドも植えてみました

イエローストーンの砕石に、濃いオレンジの花びらが映えていました

ちなみにこの花を選んでくれたのは生徒さんたちです

その後は、生徒さんからトライやるの受け入れを感謝してそよか前の溝掃除を行って頂きました

その後の写真はありませんが、汗水を流し最後までしっかりと仕上げてくれました。

たった5日間と短い間でしたが彼らの、元気な挨拶やハツラツとした行動にハッとさせられました私たちも負けてはいられませんね

この5日間が彼らにとって、将来への大きな糧になってくれたらと心から願っています

楽しいひと時を本当にありがとうございました

そよか職員一同

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏野菜 | トップ | Sさんハッピーバースデイ★★ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。