JAWAみんなの声

JAWAグループ職員、約500人の看護師、介護職員、保育士が、書き綴っていくブログです。

別館敬老の日!第3弾!!☆☆昼食☆☆

2016年09月19日 17時07分00秒 | さらさ横手別館スパ

お疲れ様です

さらさ横手別館スパの加藤と一関です

本日、稲庭うどんの佐藤養助商店さんが別館に出張してくださいました

佐藤養助の歴史は万延元年(1860年)、宗家稲庭吉左エ門より
二代目佐藤養助によって稲庭饂飩の製法を伝授されたときに始まる。

稲庭干饂飩の原形が稲庭に伝わり、当家の宗家である稲庭(佐藤)吉左エ門によってその技術が受け継がれ、研究と改良が重ねられ、製法が確立したのは寛文五年(1665年)と言われています。秋田藩主佐竹侯の御用処となった干饂飩の技法は、吉左エ門家の一子相伝、門外不出。しかし、親から子へ、子から孫へという一子相伝の技が絶えることを心配した吉左エ門によって、特別に二代目佐藤養助に伝授され、当家の創業となるのです。
それは万延元年(1860年)、江戸末期の頃でした。

とホームページにあるように佐藤養助商店さんは稲庭うどんの第一人者になります

早速、提供していただきました

 

一冨士さんより外で揚げたての天ぷらも提供していただきました

 

別館敬老ウィーク最終日の昼食メニューはこちら

みなさん口々に、

「うどんも美味しいし、天ぷらもさくさくして美味しい

「外で食べると格別だとおっしゃられていました。

 

Kさんと、Mさんは昔食べに行った稲庭うどんの思い出に花を咲かせていました

 

さっそく職員もいただきました

ツルツルとのどごしが良くとても美味しかったです

 

ご覧になられている方々も、秋田に来た際はぜひ佐藤養助商店のうどんをあがってたんせ

美味しいうどんと笑顔を提供して下さった佐藤養助商店さん

今日は本当にありがとうございました

 

 

 

 

 

 

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 敬老の日(りんか)~その1 | トップ | 敬老の日 (せとか) »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さらさ横手 辻)
2016-09-19 20:16:56
お疲れ様です、加藤さん、小西さん

稲庭うどんおいしそうですね
また違う雰囲気で食べる稲庭うどんは格別でしょうね
私も食べたくなりました
Unknown (ほのか 橘高)
2016-09-19 22:21:43
おつかれさまです。
出来たてのうどんと揚げたての天ぷら
どれも最高ですね
皆さんの楽しそうな声が聞こえてくるようです
Unknown (さらさ横手別館スパ 一関)
2016-09-21 10:46:48
さらさ横手 辻さん
ほのか 橘高さん

コメント頂きありがとうございます
いつもとは少し違った雰囲気での食事、
みなさん楽しまれておりました
天気も良くて、最高の昼食時間となりました
Unknown (ももか 永野)
2016-09-24 14:33:12
お疲れ様です
出来立ての天ぷらとうどんが外で食べられるなんて羨ましいです
本当に美味しそうですね
稲庭うどんは食べた事がないので、ぜひ食べてみたいです

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。