我里(Gari)のブログ

家紋デザインの紹介他

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

警棒振られて停車させられた

2017-04-23 20:46:02 | 日記
先月の月初のこと。

日帰り温泉施設から自家用車での帰路、国道(県道かも知れない)沿いにある派出所前にお巡りさんがいて、私の車に対して警棒を振って派出所脇に停車させたのだ。私は前の車の速度に合わせて運転していたので、何故自分の車が停止を命じられたのか、その理由が全く見当つかなかった。

お巡りさんが私の車の助手席側に近づけてきたので、運転席側から電動スイッチを押して左側の窓を下すと、その窓に顔を近づけて
「驚かせてすみません。後ろの車を止める為に止まっていただきました。どうぞ安全運転で行って下さい」とのたまわったのだっ!
「@_@)」こんなのあり!?
私はお巡りさん類にはかかわりたくないので、文句の一つも言わずに車を発進させた。

そして、私は考え始めた。お巡りさんは後ろの車を何故止めなければならなかったのか?

私の前を走っていた車は、皆、派出所を通過していった。つまり、スピード違反は関係ない。
もしや、盗難車?

いや、一つ思い当たることがあった。
さっき通過した交差点の信号機、あの時、後ろの車は黄色が終わろうとするところを強引に侵入した。
私はバックミラーでそれを見ていた。
もしや信号無視で御用となったか・・・。

信号を通過した直後に御用となったわけではないから、つまりは、交差点付近に設置されているカメラの映像が派出所で見られる仕組みにでもなっているのだろうか?
それとも、別のお巡りさんが身を隠して交差点の信号無視車を無線で派出所に知らせていたのだろうか?
恐るべし警察!

私は運転を続けながら思った。
その道は中央にセンターラインが一本引かれた対面通行の道路であったので、前の車を停車させれば必然的に後続車もブレーキを踏むわけで、お目当ての車を停車させるには効果的な手法だ。

ではあるが、前の車を運転している者にとっては迷惑千万でしかない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家紋デザイン「丸に洲浜」 | トップ | 葬儀 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事