我里(Gari)のブログ

家紋デザインの紹介他

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

家紋デザイン「丸に洲浜」

2017-04-23 17:22:29 | 家紋
【まるにすはま】
スハマは州浜台、州山ともいわれ平安の初期のころから用いられていた。調度品や絵巻物等にもみられ、慶賀の式などにも部屋に飾った。・・江戸時代に結婚式のカザリに用い、現在餅菓子に用いるのもみなめでたい意味がある。これは、スハマが中国から渡ってきた神仙のすむユートビア、蓬莱(ほうらい)島に似せたものだからである。平安貴族のなかにも庭園をスハマ形につくり、蓬莱島などと呼んでよろこんでいたものもあった。(丹羽基二著「家紋大図鑑」)
「平安紋鑑」「紋之泉」は”須浜”と表記しているが、ここでは「紋典」「紋章大集成」等の表記に従った。


T-Trinityにて
静岡県の方、ありがトン
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家紋デザイン「丸に地紙」 | トップ | 警棒振られて停車させられた »
最近の画像もっと見る

家紋」カテゴリの最新記事