アスペルガーのわが子とともに

アスペルガー症候群の息子との生活をセキララに綴るブログ

箱根駅伝の応援に行ってみた

2017-01-04 23:49:30 | 自分のこと

新年あけましておめでとうございます。

昨日、思い立って箱根駅伝の応援に行ってきました。

箱根駅伝は昔から好きでかかさずテレビで見ています。

嫁の実家が横浜の戸塚で、戸塚中継所がちょっと遠いですががんばれば

歩いて行けるところにあります。

いつか行こうと思いながら10年以上が経ち、そういうことじゃいけない、

今年はちゃんと思ったことを実行しよう!と思い立ち、子どもたちを連れて

行ってみました。

駅からかなり距離がある。しかも、ものすごい上り坂。

「もうあるけない」

次女がぐずるのでおんぶして歩く。

うん、もう体重が20kg近くあるので、ずしりと重い。でも、がんばる。

やっと坂を登りきると視界が開け、いつもテレビで見ていた中継所が目の前に。

沿道はものすごいギャラリー。熱気もスゴイ。

自分は高校が神奈川大学の付属で、大学は法政大学に行きましたので、

神奈川大と法政大をいつも応援しています。このところどちらもシード権圏内に

入っていないので、ぜひがんばってほしいと思っていました。

 

そうこうするうちに、1位の青学の選手がやってきました。

速い。思っていた以上に速い。

やってきたと思ったら、あっという間にタスキをつないで9区の選手は行って

しまいました。

「ガンバレー!!」

子どもたちと大きな声で声援を送りました。

次々と各校の選手が来る中、きました、神奈川大。4位でタスキリレー。

やった、これはいける。

そして法政も8位でタスキリレー。

こっちもシード権はまず確実だろう。

これはうれしい。

 

お目当ての大学が行った後も次々に選手がやってきます。

子どもたちと一緒に、がんばった選手全員に拍手をし、走りだしていく選手に

大きな声で声援を送りました。

残念ながら最後の国士舘大学は繰り上げスタートに。

繰り上げスタートから5分後くらいに国士舘大学の8区の選手がやってきました。

「がんばれ、あと少し。最後まで全力で!!」

走りきった国士舘の選手は倒れ込みました。泣いているようでした。

よくがんばったと思います。この悔しさを来年の活躍に活かしてほしいと思いました。

 

今回、選手たちに声が届いたかどうかわかりませんが、沿道の人たちの声援はきっと

選手たちの力になっていただろうと思います。そうだったらうれしいです。

うちの子どもたちも、精一杯応援しました。

それぞれ感動したようで、「迫力があった」とか「すごくがんばっていて感動した」と

口ぐちに言っていました。

 

うちの子どもたちは柔道をやっていますが、競技が違っても、精一杯がんばるといった

ところは同じです。全力を尽くしている人というのは美しいものです。

とてもすばらしいものを見させていただきました。

もっと前から応援に行っていればよかったと思いましたが、とにかく、決意を実行

するとよいことがあるのだと思った次第です。

今年は妥協せずにいろいろなことをがんばって行こうと思います。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年最後の試合もきっちり決... | トップ | 困ったお隣さん(韓国) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自分のこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。