アスペルガーのわが子とともに

アスペルガー症候群の息子との生活をセキララに綴るブログ

二人とも一回戦負け

2017-02-13 23:02:22 | 柔道関係

先日TB杯という大会に三男(小4)と長女(小1)が出場しました。

結果は、なんと二人とも一回戦負け。こんなことは初めてのことです。

 

二人ともメダルをもらわないことはあまりないのですが、今回はどうにも

内容がよくありませんでした。

まず長女。全般長女が押し気味でしたが技はまったく決まらず。

終了間際に倒されてしまい、ポイントにはならなかったのですが、旗3-0で

負けました。決してそう強い相手ではなかったのですが、攻めきれなかった

のが課題です。あんまり口惜しかったのか長女は号泣して10分くらい泣き

続けました。まあ、こういうこともあります。

 

そして三男。相手は左組みでした。

試合開始早々、ケンカ四つなのに足をビョーンと伸ばしてきて大外刈。

いきなりのことで対応しきれず、尻もちをついてしまいました。

その後三男が一方的に攻め続けます。背負投、袖釣りと何度も技を

かけましたがポイントにはならず。そのまま試合終了しました。

圧倒的に三男が攻めていたので判定では三男だろうと思っていたのですが、

まさかの2-1で相手の勝ちとなりました。

三男は前週に都大会で優勝しており、かなりな有名人です。

会場がどよめきました。

負けることなどめったにないので、負け慣れていない三男は悔しさで

うちふるえながら涙を流していました。

興奮冷めやらぬ三男をなぐさめていたところ、知らない子(2年生くらい)が来て、

「○○(うちの名字)君は強いんだから、次はきっと勝てるよ。」

と、なぐさめてくれました。

三男はやはりいろいろな人に見られているのだなと思いつつ、なぐさめて

くれた子の優しさに感動しました。

 

三男に勝った子はその後三回戦で敗退し、優勝は都大会の四回戦あたりで

敗退した子となりました。

試合というのはつくづく何が起きるのかわからないものだと思いました。

まあ、今回負ける悔しさを学ぶことができたのはとてもよかったと思います。

悔しい思いをするとその分強くなります。

今回の悔しさを今後につなげていってくれたらと思います。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校合格!! | トップ | マラソン大会で今年も1位 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。