社労士奮闘記

筆者の仕事・日常生活です

フリーターを正社員にする厚生労働省の助成金が拡充されます。

2016-10-19 16:47:39 | 助成金
大阪府枚方市のやす社会保険労務士事務所の安中です。

日経によると、おもに就職氷河期時代フリーターにならざるを得なかった若年者に対し

雇い入れた企業に(1年間定着の場合)60万円支給のほか、短期集中型のセミナーを新たに新たに始めるそうです。

(就職氷河期とは)

バブルが崩壊し、2000年代前半に就職活動をした世代を指します。

その響きはかなり前?というのが正直なところですが、その年齢層とは35-44歳くらいとのです。

バブル期の半分以下の求人倍率なんて、かなり社会のしくみの理不尽をこうむった世代です。


就職氷河期の世代は他世代に比べて雇用が不安定なのと、政府が「同一賃金同一労働」を進めて行っているのとで

フリーター、非正規雇用が多いとされる氷河期世代の支援を進めていっている背景があるようです。

年内に政府が働き方改革の実行計画をまとめるとか。

長時間労働の是正、生産性の向上に切り込めるか・・・。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャリアコンサルタントの資格 | トップ | 労働契約法の無期転換ルール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。