社労士奮闘記

筆者の仕事・日常生活です

育児休業給付金(1)

2017-08-10 22:13:17 | 雇用保険
大阪府枚方市の社労士事務所 やす社会保険労務士事務所の安中です。

29年10月より育児休業給付金の支給期間が2歳まで延長されます

(保育所における保育の実施が行われないなどの理由により、子が1歳

6か月に達する日後の期間についても育児休業を取得する場合、その子

が2歳に達する日までの期間、育児休業給付金の支給対象となります)

育児休業給付金は原則1歳に達する日前までの子を養育するための育児

休業を取得した場合に支給されます。

いつから育休がはじまるかは産後休暇の終了日の翌日からです。

出産日と産後休暇が終わる早見表はこれです。
支給額は

休業開始時賃金日額×支給日数×67%

ただし育児休業の開始から6カ月経過後は50%の支給になります。

休業開始時賃金額とは育児休業開始前

(産前産後休業を取得した方が育児休業を取得した場合は、原則として産前産後休業開始前)

6ヶ月間の賃金を180で割った額です。

この育休の給付は、元の会社の雇用保険の被保険者でありつづけなければ受けれません。

出産だからと言って会社を辞めてしまえばこの給付はもらえなくなりますので注意です。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 役員の非常勤の考え方 | トップ | 女性活躍って本当に思ってる? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雇用保険」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。