天天口福

美味しいもの・器・旅 じゃすみんの気分で綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

”中秋灯会”そぞろ歩き

2007-09-29 | お散歩
ルミナリエ? いえいえここは”北京”でございます。

中秋節(9月25日)、そして間もなくやってくる国慶節(10月1日)に向け、街の中にも飾りつけが目立つようになって来ました。こちらではこの時期、店やホテルの軒先に紅いぼんぼりをぶらさげたり、また市内の公園では、”灯会”という”ねぶた”のような灯りの飾りつけの催し物が行われています。

そんな中、昨晩は「龍潭公園の”中秋灯会”に行ってみませんか」とのお誘いに乗らせて頂いて、市内南方にある”龍潭公園”へ行ってみました。

大きな池を取り囲むように広がる公園内には、大小さまざまな”灯”が点在。。。想像の以上のスケールでびっくり

派手派手~な色調がいかにも”中国~”です。

”灯”をバックに、噴水ショーもあったり。。。





来年の北京オリンピックを控え、”灯”もオリンピック関係のものが目立ちます。

←はマスコットキャラクター、貝貝、晶晶、歓歓、迎迎、妮妮ちゃん達の”灯”

各種”競技”をイメージした”灯”の中には、多分”シンクロ”をイメージした?というこんな”灯”も。。。

水(波)の間から、浮かび上がる選手達。。。でもなんだか変。。。

人形が暗くて、ちょっと解りにくいですよね。。。



その部分にズームしてみるとこんな感じ。。。

ええっ? ”ビキニ”。。。それは。。ないでしょぉ~ 

なんだか、艶かしくて(?) 思わず「ぷっ。。」と笑ってしまいました。

間もなく中国は大型連休、公園内をそぞろ歩く人たちもなんとなく嬉しそうなこの”中秋灯会”。。。秋の北京の夜を鮮やかに彩っていました。

さてさて、ということで。。この”天天口福”も明日より国慶節休暇に入らせて頂きま~す。

次回更新は、国慶節明け(8日以降。。)の予定、日本も北京も季節の変わり目、どうぞ皆様も体調に気をつけてお過ごし下さいね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長城でお月見♪

2007-09-26 | 北京の生活
昨晩は中秋の名月(農暦8月15日)・・・皆様のところではどんなお月様が見えたでしょうか?

北京のお月様は。。。こんな感じ。
まだちょっとだけ欠けていましたが、あと2日でま~ん丸になるのだそうです。

北京。。。と言っても実は。。。昨晩のお月見は街を抜け出して。。。



じゃ~ん! 万里の長城で!!

情報誌の広告で気になっていた、「万里の長城と中秋の名月鑑賞会」という企画、2日程前に、ビルの上にぼんやりと光る月を見ていて「やっぱり長城あたりなら空気もきれいだし良いお月様が見えるんだろうな。。」「行ってみたい。。。」との想いがむくむく。。それから慌ててお友達に声をかけ、「行く!」と乗ってくれた4名で急遽申し込み、この企画が実現したのでした。



 
企画は八達嶺にある八建嶺飯店屋上に設営された宴会場で出し物やお料理を楽しみながら”月をめでる”ということで、日本からツアーで参加された方々、市内から参加された方々総勢150人ほどの大宴会。獅子舞、民族舞踊、雑技、魔術、にぎやかしくて「お月様は。。。」ってな雰囲気。実は日曜日の第一陣に参加された方からの情報で、この宴会は適当な時間で切り上げて、夜の長城お散歩がお奨め!と聞いていたので、宴会を途中で抜け出して、夜の長城をお散歩。

昼間はいつも大混雑、の長城もさすがに夜。。。人気もまばら。。。空気も澄んでいて、ほんとに気持ち良い~

ライトアップされたその景色は幻想的、そしてお月様。。。
これこれ!私が見たかったのは♪ あ~大満足

来年は、美味しいワインでも持って来て、静かに”お月見”もいいね~と盛り上がる私達。。

お付き合いして頂いた皆様、どうもありがとうございました♪

コメント (11)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

周末散歩

2007-09-24 | 北京食べ歩き
週末は久しぶりに世貿天階(THE PLACE)へ行ってみました。
ここは北京市内でも新しい”高級”モールです。大陸初上陸のZARAがあるので、時々ぷらぷらしに行きます。

南北に分かれた棟の北側部分はまだ工事中で、全面OPENしているわではありませんが、今回は、一階に”GAP"の看板を発見! 「ついに”GAP"も来るのね~、楽しみ楽しみ♪」更に充実が期待出来そうです。

飲食店も前に来た時より増えているようですよ?
一階の巨大天井スクリーン(開店当初はこれが大変話題になりました)の下に屋外テラスを配した、CIGAR JAZZ WINEで一休み。
スモークサーモンサンドと飲み物がセットになったAfternoon Teaは32元。
このサンド、なかなか美味しかったんですよパンもサーモンもちゃんとしてます。 そして、濃い目に出してあるアイスコーヒーも

腹ごしらえの後は、日壇公園脇にある、東籬草舎(COTTAGE)へ、日本のガイドブックに載っていたので、気になっていたのです。
お店の中には、アンティークの家具や、雑貨、アクセサリー、布物などがオーナーのセレクトで飾られています。さりげなく置いてあるアンティークの食器などは、「」というお値段ですが、ちょっとお土産に良いような、お手頃価格の物もちらほら。 
私はちょっと変わった形のミニバッグとお店オリジナルのカード(中国っぽい図案のとっても可愛いカードです)を購入しました。手漉き唐紙(?)でちゃんと包装もしてくれるですよ?

北京には、まだまだ個人のセンスが光るようなこんなお店が少ないですよね。こんなお店がもっと増えてくれると嬉しいんだけどな。

《お店の情報》
”COTTAGE” 東籬草舎 
北京市朝陽区日壇北路4号
電話:8561-1517

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

追悼パバロッティ

2007-09-21 | 北京の生活
久しぶりに榎本先生です。(毎月通っていますが、blogにUPするのは久々ですね)季節も変わりつつあるこの頃。。。花材もすっかり秋らしくなりました。

今回のテーマはパラレル&ベゲタテフ。。ベゲタ??ですよね、要するにデコラティブの反対、”ナチュラル”な感じ。。ということらしいです。

枝物でオアシスを取り囲むように取り囲んで、その中の開いた空間にお花を生け込んで行きます。

狙いはあくまでも野に咲く自然な感じ。。。風に揺られて花が震える。。。そんな感じ、だそうです。

最初に器の周りに柵のように枝物が取り囲んでいるの上に、繊細なコスモス。。その他の花材。。。なかなか苦労致しました。。。

いかがでしょうか? 
秋の感じが出ているかしら。。。。

毎度のことですが、このお花の時間。。。北京にいることを一瞬忘れてしまう”貴重”なひとときなのです。



さてさて、話は変わりますが、先日亡くなった世界3代テノールの一人、”魯契亜諾 帕瓦露帝”(ルチアーノ・パバロッティ)。”懐念特撮”と銘打たれた追悼記念の2枚組みCDが、すでに店頭に並んでいました。ジャケットには”巨星隕落、永遠的高音C之王”という印刷も。中国でも人気があったんですね~

しかし、さすがは中国、素早いねぇ。。。中身の印刷物はイタリア語。。。オリジナルはイタリアで発売された物のようです。
それにしても、このCD、2枚組で20元。。。いいんでしょうか、こんなお値段で。 
クラッシックには疎い私ですが、独特の愛嬌ある風貌と圧倒的な声、とても印象的な方でした。
ミラノオリンピック開会式で彼の唄った、プッチーニのオペラ「トゥーランドット」の中の名曲「誰も寝てはならぬ」、は荒川静香さんの金メダルと共に、忘れられない一曲となりました。

作品の舞台は古代中国の北京。。。なんだか感慨深いですね。



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の気配到来

2007-09-20 | 北京の生活
 ご無沙汰しておりました。。。

OTTOの両親&その兄妹ご一行様が来中しておりまして、毎日ツアーガイド状態。。昨日無事、帰国の途に着きホッとしたところでございます。

平均年齢70歳の面々、その割に、と言ってはなんですが、皆さんお元気なので、お付き合いする方もかなり消耗してます。。。

行方知れずを心配して下さった方、大丈夫!なんとか生きてますのでご安心を~ と、そんなことで、しばし更新不能状態だったblogの方も慢慢(中国語で”ゆっくり”の意味)復帰しようと思います。

さて、今回も一通りの観光ポイントは回りましたよ!? はい。。。今シーズン3周目ですかねぇ。。。

その中でも絶対に外せない場所の一つ長城(万里の長城)。。。今回は慕田峪(mu tian yu)へ

ここのところ雨が降ってすっかり秋めいて来た北京、長城へ向かった日も朝までの雨で少々霧がかっていましたが、それがまた水墨画のようで美しい。。。そして、すでに山の中には紅葉を始めた木々もぽつぽつ。。。街より一足早く秋がそこまで来ていたのでした。




毎度の長城観光。。とは言え、自分なりに変化が欲しい。。と、今回は、That's Beijingで以前より気になっていた”小園”(The Schoolhouse)という場所にも立ち寄って見ましたよ!?







元小さな学校だった場所を改築して、グラスアートの工場や、ギャラリー、カフェ(食堂)などが点在。。。こちらの食堂は西餐(洋食)のようです。






中庭にはちょっとお茶が出来るようなコーナーもあって、慕田峪の観光帰りに”一服”するには良いかもしれませんね。








そして、ランチの目的地、”麺屋さん”の小濾面へ。。。。
小園とこの”麺屋さん”は同じ系列、ということで小園で行き方を聞いて行ってみたものの、こちらは幹線道路からかなり奥まった場所にあるため、途中からものすごい田舎道へ迷い込み。。。運転手さんに再度電話で道を聞いてもらってようやく辿り着いたのでした。




農村家屋を改築し、地の物を使った”麺”が食べられる、ということでちょっとワクワク。。。でもメニューにあったのは、麺の種類が3種類(普通の小麦粉で作った白い麺、ほうれん草を練りこんだ緑の麺、ニンジンを練りこんだオレンジ色の麺)とその麺を和える醤(ジャン)3種のみ。。。。

運悪く?コンロが壊れたとかで待たされること待たされること。。。


 
左は突き出し(?)で供された野菜(ディップ代わりの胡麻ベースの”醤”につけて食べます)、右は麺の薬味です。
ようやく出てきた麺はこんな感じ。

待たされている間に私達のイライラを察知してか、アメリカ人のオーナーが出てきて話を聞いたところ、彼は長い間中国でビジネスをして来て、退職後このカントリーサイド(ただの農村です。。)で古い農家を買い取り、ヴィラやレストランなど、色々な”夢”を実現しようとしているらしい。。。。

う~ん。。。。確かに狙いは良いと思うんだけど。。。イメージだけが先行している。。。そんな感じでした。

問題の麺のお味は。。。「普通~」でも、お値段はしっかり”外人狙い”価格。。。麺と醤(ジャン)各6人分、スープ2人分、追加の生野菜(トマトのざく切り&キュウリの千切り)で、340元。。。決して安いとは言えない価格です。

まあ、私は一度行って気が済みました、はい。



この辺り、有名な栗の産地だそう、村の中では栗の選別作業に忙しそうな農民の姿も見られました。 ”収穫の秋”なんですね~

今シーズンは来月再度訪れる予定の長城、その頃は紅葉真っ盛り!を期待ましょう!
途中の道々には、中国人の方々で賑わう紅鱒(べにます)の釣堀?のある、バーべキュレストランとかもあったし、今度はそっちにトライしてみようかな。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひぇ~!!

2007-09-13 | 北京の生活
それは突然やって来た。。。
今晩のお楽しみサラリーマンNEOの開始時間5分前に。。。。また画面が真っクロに。。

思わず叫びましたよぉ!!「うっそぉおお!!」

最近しばらく信号調整だとかで(ほんとかねぇ。。。)見れない時期が続いていたNHKワールド。。最近やっと見れるようになった!と喜んでいたのもつかの間、それ以来しょっ中、突然ブツッっと画面が真っ黒になる現象が続いています。

こちらで見れる限られた日本語チャンネル。。。特にNHK総合の海外向けチャンネルのNHKワールドはその代表的なチャンネルです。

私の住むマンションではBS1,2 他BSの民放も数局入るので、こんなことで文句を言うのは贅沢?かもしれないのだけど、やはり海外に住んでいると、NHKはありがたい情報入手のツールです。日本で起こっている色々なニュースや、こっちでは数少ない娯楽であるドラマや生活情報番組など、他のチャンネルより一番見る頻度が高くて、生活に欠かせない物なのに。。。。

  





「なんとかしてくれませんかねぇ~」






確かに番組の間で流されるお知らせで、「秋分・春分の時期には、地球の回転軸と衛星の関係で、電波が太陽の電磁波の影響を受け、見えにくくなることがあります」とのアナウンスが流されているけど、最近のこの現象は、そのせいなんですかぁ~??(大連時代にもあったけど、本当に一時的で、こんなに頻繁かつ長期にわたることはなかったよぉ。。。) 皆さんのところもこんななんでしょうか。。。ああ、呪われてる我が家のテレビ。。。

OTTOも日曜日のお楽しみ「風林火山」が見れなくて、「どうなってるんだぁ~」とヤキモキ。。BSで再放送もあるけど、大河ドラマは日曜8時(こちらでは7時だけどね)に見たいらしい。 BSの再放送もなかなかタイミング的見れないことが多いし。。。

なんでもいいから、早く復活して~
とkuriも”お願い”しております。。。


《kuriの”かぶりもの”》
satsukiさんの提供でお送りしました
コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

”石の虜”増殖中

2007-09-12 | 北京の生活
ジャラジャラジャラ。。。伸びる手・手・手・・もちろん目も真剣です。

ここの所また、足繁く紅橋市場へ通ってます。

先日友人が来中した際にお土産の物色に立ち寄り、見つけたマルチカラーの半貴石で作られたラリエット風ネックレス、じゃらじゃらと雑多に吊り下げられている時には、特に目に入らなかったのだけど、お洒落な彼女が身に着けて見ると良いではないですかぁ~♪ 結局、私も真似っこさせてもらって、購入したのでした。

そして、友人が帰国し、久しぶりに北京の友人達と会う際に、それを着けて行くと、おしゃれに敏感な彼女達からさっそくのチェックが・・・

「それでは♪」と、早速今度は”現地友”をご案内。すると、さすがは”現地友”すかさず「石も自分で、選びたい!」すると、お店の女の子がビニールの大袋から、ドッさ~っと出してくれた宝の山。
おっ~、そう来るかぁ!そうよ、ここはオーダー天国だった、、、みんなそれぞれのテイストで、とってもステキなネックレスが出来上がったのでした。

人のを見ていると、またむくむくと”欲”が・・・今度はまた自分が別のテイストで作りたくなって。。。

あ~。。。ついにはまってしまった、禁断のスパイラル現象。。。

そして今日はついに3回目の訪問。。。
また宝の山に立ち向かう私達なのでした。。。

秋冬に向けて、今日のテイストは、mono tone & mellow。。。
前回より少しずつ長さを変えて。。ああ、きりが無いよぉ

それぞれにお気に入りが出来上がって、お店を出てふと気付けば入店から約3時間。。。なんだぁ~この倦怠感は。。エネルギーかなり消耗します

毎度感心するお店の小姐達の器用さ、そしてわがままな私達のオーダーに笑顔で応えてくれてる彼女達よ、本当ににありがとう~!

そしてmadam-Kよ、あなたのおかげで、”ストーンパワーの虜”が増殖中です♪ 


コメント (9)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

お気に入り

2007-09-05 | 北京の生活
果物シリーズ、第?弾。。。

先日遊びに来てくれた友人の娘moeちゃん、フルーツ大好きな彼女がとっても気に入ってくれたのが、龍眼(ロンガン)でした。

そういえば、今が旬なんですよね。

中国では、桂圓(guiyuan)とも言われるこの龍眼は中国の南方やタイで取れる果物。乾燥したものは"桂圓肉"と言って、漢方学的にも薬効(強壮、鎮静)があるとか、お味はライチとちょっと似た感じで、もっと甘みが濃厚な感じかな。

市場では、こんな風に束ねられて売ってます。。。
巫女さんの”シャンシャン”のようなでしょ?






そして、龍の眼のような果物、という名のとおり、皮をむくとこの通り。。。





友人に「凍らせて食べると美味しいよ!?」と教えてもらって、さっそくやってみたfrozen龍眼。。。皮のまま凍らせるだけ。。なのに。。。これ、私のツボにはまりました!美味しい~♪。シャリっとした食感、凍らせることで、更に甘さが凝縮される感じです。

生まれた時から知っている友人の子供達、会うたびに大きくなっているのを見るにつけ、時の流れを感じずにはいられません。
大人になった時に、小さい時に北京へ行って長城や故宮に行ったこと、そして「あの時珍しい果物食べたな~」、って思い出してくれるかなぁ~?
また遊びにおいでね~



コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

The Palaceview Bar

2007-09-03 | 北京食べ歩き
    

夕日に照らされ、浮かび上がる紫禁城(故宮)の夕焼け・・・

北京飯店貴賓楼(きひんろう)の屋上にある、Palaceview Barへ行って来ました。

このBar・・・前からずっと、気になっていました。

貴賓楼の屋上。。。Palaceview Bar。。。なんでもワインが一杯200元らしいよ!?との噂もあり、どんなゴージャスな?とドキドキしながら屋上目指して上がって行くと。。。確かにあった~!
屋上バー。。。とは言うものの、屋上のテラスに簡単なテーブル&椅子が5つ6つ並んでいるだけの、超シンプル~な設え

とは言え、周りにあまり高い建物が無い故宮辺り、この貴賓楼はその故宮の東側の一番近い場所に位置しているので、故宮の全景がばっちり眺められます。

恐れていたドリンク類のお値段も、カクテル類は一杯60元前後(15%のサービス料は加算されます)。ホッとしつつ、それぞれ好みのカクテルをオーダーし、夕日に暮れなずむ故宮の幻想的な景色を楽しみました。

すっかり日が落ちると、人民大会堂、天安門、長安街とライトアップのあかりが灯り出して、これがまた雰囲気あります。 

しばらくすると、景山公園、故宮の中のいくつかの建物にもライトアップが。。。

涼しい風に吹かれながら、こんなBarでのひと時も北京ならでは
 9月30日までの”夏季限定”(冬は凍ります。。)Palaceview Bar、夕焼け時を狙って是非♪

《お店の情報》
Palaceview Bar
北京貴賓楼飯店
北京市東城区長安街35号
6513-7788(Ex.349)
 
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加