goo

追悼福興花火 with LIGHT UP NIPPON

東日本大震災の追悼と復興を目的とした「LIGHT UP NIPPON 2013」が全14か所で、震災から2年5か月になる8月11日に開催され、約2万発の花火が打ち上げられました。

JASAファームは、福島県南相馬市で開催される「追悼福興花火 with LIGHT UP NIPPON」のイベントにアルパカ3頭を連れて行きました。



甚大な津波被害を受け、多くの犠牲者があった場所だけど、みんなが集まって「わらいあえるところにしよう!」というコンセプトで作られた浜公園にて、大人も子どもも楽しめるお祭りが催されました。





アルパカのために、立派なふれあいコーナーを作っていただきました。

柵の外からふれあうのではなく、柵の中に入って餌をやったり、さわったり、写真を撮ったりと…
子どもはもちろん、大人にも喜ばれました!

むしろ大人たちの方がはしゃいでいたかも



震災直後から南相馬市を支援しているアジアンカンフージェネレーションの後藤さんも、追悼ライブの前にアルパカとのふれあいを楽しんでました。

後藤氏編集の「THE FUTURE TIMES」


超流しそうめんは、滑り台を使った流しそうめん






子ども達が楽しめる遊具やプールもあり、暑い中、一日中賑やかな声が響いていました。













わらいあえるところにします!という、地域の方々の想いが叶っていました。




夜7時。

東の空に追悼の花火が打ち上げられました。








出発前には暑さが心配されましたが、南相馬市萱浜には心地よい浜風が吹き、途中パラパラと降った雨も良いお湿りとなり、大勢の人に喜んでいただいた上に、芋沢よりも過ごし易い、避暑の一日となりました。


JASAファーム子ども・被災地支援プロジェクトは、皆さまのご支援とご協力により成り立っています。

多くの子ども達に笑顔を。
大人たちに元気を。

どうぞよろしくお願いいたします。


ありがとうございました。

あた




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 8月のポニース... まもなく!? »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。