Jariaの玉手箱【更新終了】

鉄道ニュースについて管理人のツッコミ、そして時に自論を展開するブログ(※このブログは既に更新を終了しています)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京王 「ほんものの運転士さんが作った 交通安全教室ビデオ」を沿線小学校等に無償配布

2005年04月16日 19時07分49秒 | 大手私鉄関連ニュース
関連:
京王電鉄ホームページ:ニュースリリース

皆さんの中にも、小学校時代に交通安全教室を受けられた方がいらっしゃると思いますが、この手の教室はてっきり警察がやっているものだと思ったら、なんと京王電鉄でも毎年小学校に電車運転士を派遣して行っているそうです。
そして今回は、その教室で教材として使用しているビデオを同社が沿線の小学校と幼稚園500校を対象に無償配布することにしたというお話。

教材の名称は「ほんものの運転士さんが作った 交通安全教室ビデオ」で、その名の通り、同社の運転士が制作、出演しているとのこと。
ちなみに、内容としてはこんな感じ。

>切符の買い方や電車の乗り方など電車の利用方法と、電車を利用する際のルールやマナーについて楽しく分かりやすく解説しているほか、電車運転士が扮する「わるお君」と「だめお君」が登場し、子供たちがビデオを見ながら「いけなかったこと」を一緒に考えるコーナーを設けるなど、楽しく見られる工夫をしております。

(京王電鉄ホームページ:ニュースリリース)

「ボロット~、逆上がりが出来たよ~。」

「だめお君」は名前が版権ギリギリだと思うのですが、大丈夫なんでしょうか。>京王電鉄さん

まあ、それはそれとして、なかなか興味深い内容です。
特に、「いけなかったこと」を一緒に考えるコーナーを設けているあたりが良いと思います。

ただ、問題はこれを中学生や高校生、或いは大人になってからも覚えている子供がどれだけ居るかということでして。
学校で「赤信号では渡ってはいけない」と習っても、周りの大人が平気で信号無視しているのを見ると、子供はいつの間にか、学校で習ったことが正しいと分かっていても、大人と同じになっていくものです。
そこら辺をどうするかが、このビデオに限らず、この手の教育の今後の課題と言えるでしょう。

詳細は関連のリンク先へどうぞ。
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JR九州 北九州市と折尾駅付... | トップ | JR西日本 王寺駅発売の一部... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
本物さんによる交通安全ビデオ (ひよこブログ)
 京王がまたあたらしいことやるんですって。> 皆さんの中にも、小学校時代に交通安全教室を受けられた方がいらっしゃると思いますが、この手の教室はてっきり警察がやっているものだと思ったら、なんと京王電鉄でも毎年小学校に電車運転士を派遣して行っているそうです。
京王電鉄 (まなかの記録)
京王電鉄京王電鉄(けいおうでんてつ、英語|英称 Keio Electric Railway Co.,Ltd.)は、東京都南西部から神奈川県北部に鉄道路線を有する鉄道事業者で、大手私鉄の一つである。東京証券取引所|東証1部上場。鉄道事業、自動車事業といった交通関係のほ...