三浦梅園めぐり 

江戸中期の哲学者三浦梅園ゆかりの地と事柄をたずねて。国東・杵築の詩碑めぐりを中心に梅園に関する思いをつづります。

2016年第41回梅園学会のお知らせ

2016-10-16 20:18:46 | 歴史文学探究

     第 四十一回  梅 園 学 会

《日時》2016年10月22日(土)午後研究発表

23(日)午前研究発表、午後史蹟探訪

《会場》国東市 安岐町富清 “梅園の里”講習会室 (22日)

安岐町富清 “梅園の里”講習会室 (23日)  *梅園の里      

22日(土) 午後1時半~  研究発表

特集 『玄語』立部本神の解明

『天冊』における梅園の構想          後藤 公孝

梅園における天と本              小川 晴久

ディスカッション(30分)

 休憩(15分)

  反観合一思想と量子論的考察       萱嶋源一郎

 総会 午後4時~5

 23日〈日〉午前9時15分~ 研究発表

 三浦梅園と両子寺              石川祥一郎

 梅園の西方への旅              矢野香代子

 三浦梅園と豊前                 小串 信正

 梅園の「足る」について               浜田 晃

午後 史蹟探訪(一案 梅園宅から両子寺まで歩く)

           《来聴歓迎・参加無料》

主催 梅園学会 《連絡先》小川晴久 09093297734     

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三浦梅園と「姫島」 その8... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。