日本ユーラシア協会広島支部のブログ

本支部は、日本ユーラシア地域(旧ソ連邦)諸国民の相互の理解と親善をはかり、世界平和に寄与することを目的とする。

京都/岡山ダーチャ訪問旅行

2017-06-28 21:01:09 | 日記
ダーチャを通じて草の根の国際交流を!
ー呉支部がダーチャ訪問旅行ー
 6月15日(木)から1泊2日、呉支部のダーチャプロジェクトチーム(ダーチャPT)で「京都・岡山ダーチャ訪問旅行」を実施した。京都はビジター3人、ホスト3人。岡山はビジター6人、ホスト3人。のべ12人の参加であった。
 1日目は京都府南丹市園部町、ダーチャサポート理事長、高草さんのダーチャ。菜園、竹炭工房、共同作業の田んぼ、祭りに使う小屋などの見学後、近くのるり温泉でリフレッシュした。その後、ダーチャ(築120年の茅葺き古民家)の広間へ移動。日本古来の健康的でおいしい料理をいただきながら食の安全、自然栽培、柑橘類のことなど深夜までダーチャ談義に花が咲いた。手土産に持参した、呉支部実成さんの甘夏みかんは「とてもおいしい」と大好評であった。また「おいしい無農薬甘夏、レモンを栽培する秘訣」のお話も、大変おもしろく聞くことができた。
 2日目、作家で料理研究家の高草洋子さん手作りの朝食をいただいた後は、高草さんファミリーとお別れし次の訪問地に向かった。
岡山県赤磐市、一杉さんファミリーのダーチャには、正午過ぎに到着。一杉次郎さん、エルヴィラさん、カリーナさんは呉支部ロシア料理教室の先生だ。最近ダーチャの1室に作られたお菓子工房を見学した。ここで作られたお菓子は、ネットshop「カリーナのダーチャ」で購入可能だ。昼食交流会は、クヴァス、プロフ、ウズベキスタン風ピロシキなどのロシア・ウズベキスタン料理に舌鼓をうちながら、ダーチャ、果樹・野菜栽培などの話に盛り上がった。岡山、藤本さんの糖尿病が治ると言われるプリンも美味であった。
 ダーチャ訪問旅行はハバロフスク、サンクト・ペテルブルクへ、国内でも岡山、北九州、京都にまで広がった。次はカザフスタンへ、国内は山梨へと実成農園でのダーチャ交流会で夢を語っている。(呉支部 藤井)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本ユーラシア協会広島支部... | トップ | 第9回ロシア歌謡を歌う会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事