日本ユーラシア協会広島支部のブログ

本支部は、日本ユーラシア地域(旧ソ連邦)諸国民の相互の理解と親善をはかり、世界平和に寄与することを目的とする。

フラワーフェスティバルに初登場、パフラヴァ

2017-05-15 20:30:23 | 日記
アルメニアのお菓子パフラヴァで国際交流
ー広島支部「ひろしまフラワーフェスティヴァル」出店ー
 5月3日から3日間で約160万人の観光客が訪れる、ひろしまフラワーフェスティヴァルが、広島市中区の平和大通りを中心に開催された。
 広島支部はユーラシア協会のテントを設営、マトリョーシカ人形、ホフロマの器などの民芸品の他に、ロシアのウォッカ、バルチカビール、グルジアワイン、黒パンなどを販売した。クヴァス、ピロシキ、ボルシチは広島支部会員の手作りであった。
 呉支部は、3月のロシア料理教室で好評であったお菓子パフラヴァを、販売することで協力した。その時の講師、タシケントから来られたカリーナさん、エルビラさん、一杉次郎さんは現在岡山県赤磐市在住。自宅の工房で製作したパフラヴァ150個を会場へお送りいただいた。それを広島支部と呉支部の会員が販売した。珍しいそのお菓子は1日目は予定の90個が、残り60個も2日目午前中に完売した。
 カリーナさんから「パフラバはアルメニアのお菓子」と紹介されたが、ロシア語講座のロシア人講師イリーナさんは、「中央アジアのお菓子かな?ロシアで見たのとはだいぶ違う」と言う。3日午前には、スロバキアの女性が「あっ、これ私の国にもある」と喜んだ。
 ユーラシア協会に興味を持った日本人女性は、「パフラヴァは干し葡萄と胡桃がぎっしり入り、素材の香りと食感が存分に味わえる贅沢なお菓子」との感想を寄せた。
 現在、パフラヴァはネットショップ「カリーナのダーチャ」から購入できる。これからも予約注文してユーラシア協会のイベントを盛り上げたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呉で歌声喫茶風ロシア民謡を... | トップ | 日本ユーラシア協会広島支部... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。