清水町千[せんだい]代のぶどう山椒

縄文時代からの贈り物。大切にし、伝承したい。
奥深き山郷から自然豊かなリポートをお送りします。

清水町千[せんだい]代のぶどう山椒

2017-06-14 10:51:37 | 自然とともに
  世の中にはいろんな方がいる   
 お金を好きで好きで仕方がないという方がいる。
結構なことであるが、周りからみると余りにもお気の毒である。

 話をすればそればかりで、他人の懐ばかりを計算しては最後に自分の
自慢で終わるので最近は周囲から嫌われるようになった方がいる。

 その方が他家を訪ねて行ってもカギをかけて居留守を使うとのこと。
別段用事もないのに突然来られてズーズーと意味不明な事や5~6回
聞き返さないと解らないことを並べられるなら来てほしくないという
方もいる

 山椒以外何も知らないというだけに立派なものをつくるが、かなりの
量を夫婦で収穫するので、出費は肥料と農薬と光熱費だけという。

そこから上がる収入は全て預金へとかわるというから、おそらく
少ない年金で生活できているのではと世間の噂である。

 他人からみると、羨ましい話だが、食べるものさえ金のために節約
すると聞くと何のために生きてきたのか、これからも同じかと思って
農家の悲哀を感じる。

 山椒だけしか出来ない土地柄であるのに、一時はのこぎりで切り
倒したことや、収穫したものを山に捨てた時代もあったが、現在は
何とか塩サバ生活を維持しているようである。

 ひと時のグルメブームにすがり、少し価格が持ち直したが、栽培技術の
向上と農家の身体を食う作業量のお蔭で継続はしているが、このブームに
よるメタボや、運動不足・過食・肥満等で医療費が増加していることが
社会問題となっているところを見ると将来に向かって楽観視はできない。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スカイラインに乗った仙人の... | トップ | 清水町千[せんだい]代のぶ... »

コメントを投稿

自然とともに」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。