清水町千[せんだい]代のぶどう山椒

縄文時代からの贈り物。大切にし、伝承したい。
奥深き山郷から自然豊かなリポートをお送りします。

清水町千[せんだい]代のぶどう山椒

2017-07-18 03:49:39 | 自然とともに
 山椒は小粒でもピリリと辛い というが  5  
 個人のお客様から有難いお言葉をいただいた。
 「香りが違う」 「味が違う」と・・・・。

 山椒のような、本来なら山に自生すものを長い歴史の間に幾分改良
されて集団栽培がおこなわれているものに、自然そのものを求めると
なると有機栽培・無農薬化又は減農薬栽培を求めなければならない。

 ところが農家はどうしても収入が少ないので、肥料と農薬の±
求め採算性を考える。

 千{せんだい}代の山椒は、先代の名にちなみ名づけたものだが、
先代同様肥料は有機中心に減農薬品と無農薬品とを区別して栽培を
している。

 2代目も歳を重ね小さな手術や交通事故の被害で足腰が弱くなり、
栽培をあきらめかけたが、冒頭のお言葉をいただくお客様の為にも
より安心安全の山椒をお届けできるようにと思い、3代目の助けを
求めた。

収穫に来て下さる方からは「あんたのところは儲からない山椒だ、
もう捨てたらいかが」と言われるが、あの「奇跡のリンゴ」の著者の
ように夢を持ち続けたいために諦めず苦労を重ねている。
 全国の農家が「奇跡のリンゴ」を一読されるようお勧めしたい。

「おいしい」と言って下さる。 どこがどう違うのと言われれば
空気が澄んで水が綺麗で甘いのと、旧清水町ということに加え、
全国的にも珍しい独特の土壌が育ててくれていると言うことくらい
かと思う。                      つづく 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 清水町千[せんだい]代のぶど... | トップ | 清水町千[せんだい]代のぶど... »

コメントを投稿

自然とともに」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。