享楽の楽園

もっと自由に・・・快楽を求めて♪

ハクション大魔王

2008-09-04 | Weblog

ハクション大魔王

 「タイムボカンシリーズ」などで知られる「竜の子プロダクション(タツノコプロ)」(国分寺市)のアニメ原画を集めた「タツノコプロの世界展」が、八王子市八日町の市夢美術館で開かれている。
初の本格的な回顧展で30作品の300点を展示。
テレビ放映で親しんだ30、40代の男性だけでなく、子どもから団塊世代まで幅広い入場者でにぎわっている。15日まで。

 タツノコプロは1962年に設立。
最初は漫画制作を手がけていたが、3年後に最初のアニメ作品「宇宙エース」を発表した。
以来、「ハクション大魔王」「科学忍者隊ガッチャマン」「昆虫物語みなしごハッチ」など、多くのオリジナル人気作を生み出した。
ジャンルはアクション、メルヘン・ファンタジー、コメディーと幅広い。
<解説:引用>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホテイアオイ 30万株 | トップ | スザンヌ 振袖プロデュース »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。