享楽の楽園

もっと自由に・・・快楽を求めて♪

和歌山 那智の火祭り

2011-07-15 | Weblog

和歌山 那智の火祭り

 世界遺産の那智の滝(和歌山県那智勝浦町)の前で14日、恒例の「那智の火祭り」があった。
猛暑のなか、燃えさかる大たいまつ(直径約50センチ、重さ約50キロ)を抱えた白装束の12人の氏子らが、「ハリヤー、ハリヤー」のかけ声と共に滝前の石段を練り歩いた。

 熊野那智大社の例大祭の神事の一つで、熊野の神々が年に一度、ご神体の那智の滝に里帰りする。
大たいまつの後に、扇を飾り付けた高さ約6メートル、幅約1メートルのみこし12体が続き、祭りは最高潮に達した。
<解説:引用>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 香港高層ビル 養蜂ビジネス | トップ | 緑茶茶殻 使用マッチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。