いまジャーナリストとして

 いま私たちの目の前に、次々と現れるニュースをどうとらえ、どう判断するか・・・ジャーナリストの日誌。

猛暑の東京五輪・・・こんな猛暑の時期になぜ五輪を開くのか。五輪は商業主義に落ちました。

2017年07月12日 01時14分49秒 | 日記

東京はきょうも暑い一日でした。
バリバリに暑いと言いたいところですが、湿度が高く、
ベトーっ としているので、ベトベトに暑いという言葉の
ほうがぴったりです。
昼間、外に出ると、まるでサウナに入るような感じにな
ります。

7月11日でこんな感じです。
これから先、いったい、どんな暑さになるのでしょう。
日本の夏は、おかしくなりましたね。

こんな夏の最中に、2020年の東京五輪を開くのです。
開会式は2020年の7月24日です。
8月9日が閉会式となっています。
東京が、というより、日本が最も暑い最中です。

こんな時期に東京で五輪を開くのは、おかしいと思います。
この話は、当ブログでも、過去に何回か取り上げましたが、
夏にな るたびに、やはりおかしいと思ってしまいます。

なんでこんなことになったかというと、IOC(国際五輪
委員会)が、夏の五輪は7月、8月に開くと定めているか
らです。
本来なら、涼しくて気候の良い秋に開くのがいちばんいい
はずです。
実際、前回、1964年の東京五輪は、10月10日から
始まりました。10月10日に開会式があり、だから、
後に、10月10日 を体育の日の休日と定めたのです。 

今度の東京五輪も、本来なら、10月に開くべきです。
ところが、IOCは、10月開催を認めません。

というのは、いま、IOCの最大の収入源は、アメリカ
のテレビ局がIOCに支払う放映権です。
逆に、アメリカのテレビ局は、IOCに対し、大きな影
響力を持っています。
そして、アメリカでは、10月に野球の年間チャンピオ
ンを決めるワールドシリーズが開かれます。これは、
アメリカにとっては、非常に大きな行事で、その放送は、
アメリカのテレビ局にとって大変重要なものとなります
。視聴率が稼げるし、なによりも、ワールドシリーズの
CM収入が大事なのです。
野球だけではなく、アメリカンフットボールやバスケッ
トボール、アイスホッケーも、10月は本格的なシーズ
ンとなります。
だから、アメリカのテレビ局は、五輪が10月に開かれ
ては困るのです。
アメリカのテレビ局は、IOCの最大のスポンサーです
から、当然、IOCにも、そう働きかけます。
そうなると、五輪は、アメリカが夏休み気分である7月、
8月に開くのがいちばん都合がいいのです。

五輪の開催時期は、極めて商業的に決まるのです。
商業主義といっていいと思います。

欧州でも、似たようなものです。
欧州は、もちろん、サッカーが最も人気のあるスポーツ
です。野球は全く人気がありません。そのサッカーは、
秋から冬、春にかけてのスポーツで、夏は、シーズン
オフです。
だから、五輪は、サッカーがシーズンオフの7月、8月
に開くのがいちばんいいのです。

五輪は、1984年のロサンゼルス五輪から、商業主義
になりました。
五輪は、いまも、開くことがその国の名誉というところ
があります。しかし、かつては、「名誉」という感じが、
いまよりはるかに強かったと思います。
1964年の東京五輪は、日本が1945年に戦争で負
けてわずか19年で開かれました。日本にとっては、戦
後の復興を世界に示す意味があり、採算など、ほとんど度
外視していました。
当時はまた、ミスターアマチュアリズムと呼ばれたブラ
ンデージ氏がIOC会長で、五輪は、徹底したアマチュア
リズムを貫いていました。なにしろ、選手が身につける
ユニフォームや靴に、スポーツメーカーのロゴが入って
いてもダメだったのです。ユニフォームの胸にCMを入
れるなど、もってのほかでした。
そう。当時は、五輪に、そもそも、スポンサーなどいな
かったのです。開催都市、開催国が、財政的な負担をす
べて受け持っていました。
だから、テレビ局の意向など通じるはずもなく、五輪は、
その国のベストの季節に開くことが出来ました。
その結果、1964年の東京五輪は、日本でスポーツを
するのにのベストなシーズン、すなわち10月に開くこ
とが出来たのです。

アマチュアリズムを貫くと、開催国、開催都市の財政負
担は、かなりのものになります。
五輪は、開くたびに、開催国に赤字が残りました。
だから、五輪の開催に手を挙げる国がだんだん減ってい
き、このままでは危ないという状況になりました。
それを逆転したのが1984年のロサンゼルス五輪で、
米五輪委員会のピーター・ユベロス会長が、徹底した収
入増加を図りま
した。テレビ局の放映権が跳ね上がったのは、このとき
からです。
ユベロス会長は、もともと、野球のメジャーリーグに携
わっており、五輪に野球の手法を持ち込んだのです。
そして、それは大成功し、五輪は、もうかるイベントと
なりました。
このときから、五輪は、商業主義になったのです。

ですから、アメリカの4大スポーツ、すなわち、野球、
アメリカンフットボール、バスケットボール、アイス
ホッケーと時期が重なる秋10月は、五輪は、出来な
くなりました。
五輪は、アメリカが夏休みの7月、8月に開いてもら
うのがいちばんいいのです。

東京五輪が、猛暑で最悪の7月から8月にかけて開か
れるのは、そういう背景があります。
ところが、東京五輪の招致委員会は、開催時期につい
て、「東京は、7月から8月にかけて、気候が安定し
ている」としていました。うそでしょう、といいたい
ところです。
招致にあたって、もし、開催時期を10月などとして
いたら、ハナから相手にしてもらえなかったでしょう。

 だから、東京五輪は、この猛暑の時期に開くしかな
かったのです。
 しかし、気象庁が「猛暑のため、外出はお控えくだ
さい」と呼びかけている最中に、世界中から集まった
アスリートたちに、競技をやらせようというのです。
 こんなシュールな話はありません。
 ほとんど、ブラックジョークです。


 これ、五輪関係者のだれも、おかしいとは思わな
かったのでしょうか。言うに事欠いて、「7月、8月
は、東京は気候が安定しているから」はないだろうと
思い
ます。

 五輪の招致で、滝川クリステルさんの「お・も・
て・な・し」が大きなインパクトがありました。
 おもてなしは、間違いなく、日本の素晴らしいと
ころです。
 しかし。
 これだけ不快な暑さが続けば、いくら一生懸命に
「お・も・て・な・し」をしても、選手も観客も、
「こんなところで五輪を開くのはおかしい」と思う
のではないかと、それが心配です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加計学園にみる日本の行政と... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。