長尾たかしの・・・未来へのメッセージ

自民党衆議院議員長尾たかしのブログ。平成11年からネット上で情報発信を継続。サラリーマン生活を経て政界へ。

米国の民間保険制度と日米保険協定

2012-08-02 07:37:10 | TPP
6/7の講演の模様がアップされていた。TPP問題、慎重は議員皆でウォッチしている。以下、ご参照頂きたい。
岩上安身氏にも心から感謝

-----------------
自身も明治生命保険で勤務していた長尾敬(たかし)議員が「米国の民間保険制度と日米保険協定」について講演。日本の第3分野(医療保険)において、米国が日本企業の参入を許さず、いかに米国企業(アメリカンファミリー)がシェアを独占してきたか、その経緯を説明した。


2012年6月7日(木)、衆議院第二議員会館で、「第35回 TPPを慎重に考える会勉強会」が行われた。
■内容 講演「米国の民間保険制度と日米保険協定」
   講師:長尾敬議員
   ・1994年日米保険協定
   ・1996年の再確認
   ・その後の生保業界再編と勢力図
   省庁:外務省・総務省

長尾議員はまず、日本の第3分野(がん保険などの医療保険)解禁の流れを説明した。1974年11月に、アメリカンファミリーが日本でがん保険を発売。1993年4月に、クリントン・宮沢会談で保険、自動車、自動車部品が話し合われた際、保険分野の規制緩和を目的とした「日米保険協議」が始動した。その後、1994年10月、アメリカの強い要請を受ける形で、日本は、既存の国内生保会社の第3分野への参入の禁止を米国と約束してしまった。既存の生保会社は子会社による参入を模索し始めた。

この約束では、「当局による保険審査の緩和・期間短縮」「約款の認可を届出制へ」「料率規制の緩和」など、様々な規制緩和がなされた。しかし、この時日本の第3分野で売っていたのは、アメリカンファミリーほぼ1社だったため、同社がフルに恩恵を受ける形で、事実上の独占となった。

1996年12月、保険業に対する規制緩和を意図した新保険業法が施行されたが、日米保険協議の結果、既存の国内生保会社の第3分野への参入は許されず、外資の独占維持を2001年まで延長とする『激変緩和措置』が決定された。日産生命、東邦生命が破綻し、外資の軍門に下ってく一方で、1999年にはアメリカンファミリーのがん保険シェアは85%を超えた。その後も第百生命、大正生命、千代田生命、協栄生命が次々破綻してく中で、2001年に、ようやく既存の生損保「子会社」の第3分野参入が解禁となり、2003年7月に「全面」解禁となった。
すると、2004年3月、米生保協会のキーティングが「かんぽは民間から仕事を奪っている。民間会社は民営化に意義ある参加をすべきだ」との談話を発表した。そして、その談話を反映するように、2005年に郵政選挙が行われた。

その後、2008年に日米保険協議は停滞する。長尾議員は「米国からしたら、郵政(かんぽ含む)の民営化が済み、『一丁上がり』ということだったのだろう」と、協議が停滞した理由を分析した。しかし、政権交代が起こり、郵政の民営化に陰りがさすと、2010年10月に協議が再開した。長尾議員は「背景にTPPがあるのではないか」と自身の見解を話し、講演は終了した。

その後の質疑では金融庁、総務省、外務省の担当者を交えた議論が行われた。出席した議員からは「米国企業の一社独占となった背景」について、質問が相次いだ。首藤議員は、1974年にアメリカンファミリーだけが、がん保険を販売できたことについて、「TPPにおいて、米国が政府調達で日本にない概念で参入し、シェア拡大を狙っているが、それと同じ構図なのか?」と質問。重ねて、舟山議員も「なぜ1974年に他の国内会社ががん保険を売らなかったのか?」と質問した。それに対し長尾議員は「まさしく、第3分野という概念が、当時の日本になかった。また、アメリカンファミリー以外の認可が降りなかった」と、当時の事情を説明した。

さらに、舟山議員が金融庁担当者に、現在のがん保険シェアを質問。金融庁は「平成22年度の金額ベースで、外資55%、日系45%。件数ベースだと外資81%。企業別内訳の資料は後ほど提出する」と回答した。

最後に、総務省と外務省の担当者に対し、主に日本郵政の斎藤社長の「かんぽのがん保険への参入見送り」発言についてのヒアリングが行われた。首藤議員は「総務省はかんぽを無くそうとしているのか、発展させようとしているのか?」 と質問。総務省は「監督官庁としてはきちんと経営をしていただきたい」と明言を避けた。首藤議員が「総務省としてどうしていきたいのか?」とさらに問いただすも、総務省は「個別の案件は民営化委員会で決めるので…」 と明確な回答をしなかった。

続いて、山田正彦会長が斎藤社長の発言について、「米国が、かんんぽのがん保険参入をけしからんと言ってきているのだろう。昨日の役員会でも大串政務官が認めている」と外務省担当者へ追及。外務省は「4月6日付のカナダ・米国の共同声明でそのように言われているのは事実。しかし声明の主体は米国政府ではなく米国の業界団体」と、米国の要求を否定した。

さらに舟山議員が、「要求がないのであれば、日本側が『あれを譲ろう』などと右往左往しなければならないのか。やはり具体的な要求があるからではないのか?」と質問するも、外務省は「国会でも答弁させていただいておりますが、米国からの具体的な要求はありません。現在
情報収集中です」と、再度否定した。

小林こうき議員も、「米国は表向きは『具体的な関心がある』位にしか言ってないだろう。『日本側が勝手に譲って米国が快く了承する』といういつものパターンだろう。ただ、このタイミングで斉藤社長のあのような発言があるということは、別ルートで要求がきているという事。その別ルートを断ち切らねばならない」 と追及。

最後に山田会長が「外務省、正直に言いなさい。私が米国に行った時にカトラーは『米韓FTAを見て下さい』と言った。韓国で保険分野がどうなったか見ればわかるでしょう」と外務省に釘をさし、勉強会は終了した。(IWJ・佐々木)
----------------
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いじめではない、もはや犯罪... | トップ | 政治が感動を生み出せない事... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2012-08-02 10:26:59
IWJの動画5分で切れましたよ
続きを見るには有料会員にならないといけないんですか?

長尾議員の主張を聞くにはお金を払えということですね
一気に見る気が失せました…
Unknown (↑)
2012-08-02 13:34:33
だったら、文章読んだら良いんじゃねぇの?
Unknown (Unknown)
2012-08-02 22:04:39
結局、政府とは内閣でも衆参両院でもなく、それは各官庁、官僚の総体なのだ、ということを思い知らされます。

政治主導などと言っても、知識、実力、威圧力を伴わなければ、議員なんて官僚の周りで踊り踊らされるピエロか三文役者でしかない、ということも。

そして、官庁上層部か中心勢力が、反国家的ともいえる新自由主義や戦後の誤った歴史観に染まった勢力が居座っている、という状況にある、という感覚をようやく国民も持ち始めたということも。

このあたりのところは長尾議員に大いに期待しております。
Unknown (Unknown)
2012-08-02 22:44:39
>反国家的ともいえる新自由主義や戦後の誤った歴史観に染まった勢力

小沢信者党のことですね
ホントに、はやく消えてほしいものですな
まぁ、次の選挙で自然淘汰されるでしょうが

外国人参政権は絶対に阻止しましょうね
Unknown (Unknown)
2012-08-05 20:03:52
- 「さらなる圧力検討」 対北朝鮮で松原担当相、拉致解決へ制裁強化も -
 松原仁拉致問題担当相は3日の衆院拉致問題特別委員会で、9月で北朝鮮が日本人拉致
を認めた日朝首脳会談から10年となることに触れ「場合によってはさらなる圧力も検討する」
と述べ、解決に向けて制裁強化を視野に入れていると明らかにした。具体的制裁内容には
言及しなかった。
 北朝鮮側と「複数の接触がある」とも指摘。金正恩体制について「従来とは異なる方向性を
模索しているのではないか」と述べ、拉致問題対応の変化に期待を示した。
 拉致被害者の帰国が実現する場合には、食糧不足とされる北朝鮮への大規模な人道支援
を実施すると強調した。
ソース : 産経 2012.8.3 14:47
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120803/plc12080314480011-n1.htm

なぜ拉致られた国が拉致した国に支援する必要があるのか?
さらに核開発に使われるだけじゃないか。
圧力掛けるなら、違法賭博のパチンコ潰しなさい。
彼奴等の資金源なのは周知の事実でしょう。
なぜ行動に移さないのですか?
保守は口だけか?
反論があるなら言ってみなさい。
Unknown (Unknown)
2012-08-05 22:38:54
国民よりも不払い率も一位の会社の顔色を伺う米議会が押し付けてくる物の正体を必死で隠すマスゴミ業界に負けずに訴えてください。
Unknown (Unknown)
2012-08-07 01:18:49
玄葉光一郎外相は6日、札幌市内で講演し、消費税増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法案の参院採決前に衆院解散の確約を求める自民党をけん制した。
 「一体改革をめぐる民主、自民、公明3党の合意が破棄され、解散・総選挙になれば政治は前に進まない。一番不幸になるのは国民だ」と述べた。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/08/06/kiji/K20120806003849020.html

やはり貴方達ズレてますよ。不幸になるのは全く再選の見込みのない民主党議員でしょ。
政治が進まないどころか悪化するばかりなので早く解散してください。
Unknown (Unknown)
2012-08-07 14:36:44
でも、野田は民主党の連中の中ではマシな方だよ。

下手に潰さずに衆参同日選挙で民主党と小沢信者党を
一気に解体した方が、日本国へのダメージも少ないのでは?

日本人の敵 長尾たかし (Unknown)
2012-08-17 19:57:20
既に正体ばれてるくせに、
まだ性懲りもなくガス抜きやってるのか。

長尾は心底クズだな。

長尾が何者か知らない人たちのために
念のため説明しておくと、
野田が勝手にTPP事前協議参加の意向をアメリカ人に伝えたときに、
直前までTPP反対の署名集めをしておいていきなり野田支持を公言。
そのガス抜きぶりを中曽根にほめられて
有頂天になっていたクズ。

日本人の敵ですよ。
日本人の敵 長尾2 (Unknown)
2012-08-17 20:04:13
映像有料なのか。

見る気もないが、
長尾のガス抜き工作を、金払って見ろと。

日本人を馬鹿にするにもほどがあるな、長尾は。

あわせて読む