長尾たかしの・・・未来へのメッセージ

自民党衆議院議員長尾たかしのブログ。平成11年からネット上で情報発信を継続。サラリーマン生活を経て政界へ。

8月15日、左翼が目指す日本の未来とは?

2014-08-17 17:49:49 | 社会
8月15日という日本国民にとって大切な節目の日。今年こそ憤りをおさめ、心静かに戦果に命を落とした方々へのご冥福、ご英霊への感謝の誠を捧げる、恒久平和を誓う日にしたかったのですが、全く叶いませんでした。

8月11~13日は尖閣諸島漁業活動へ参加し、その足で、銚子へ参りました。その後3日間ラジオしか繋がらぬ環境に身を置いて気持ちの入れ替え。8月15日日正午は南の方角に向けて「一杯の氷水」を英霊に捧げました。インターネットも電話も断ち、唯一の情報はラジオ。

このラジオが発する8月15日が、テレビ以上に酷かったのです。

マスコミという連中はどうしても、
「戦果に倒れた一般人やご英霊を、犬死したことにさせたい」
様ですね。

特にご英霊に対しては、
「本人の意に反し無理やり兵役を課され犬死にした」
かわいそうな人達として祭り上げ、国家の戦争責任を問いたい様です。

あまりにもニッポン放送を除いて各局の放送が酷かったので、娑婆に戻ってからは新聞各紙を読み込みました。「毎年恒例の記事」でしたが、必ず集団的自衛権と抱き合わせで論じていることが新たな傾向でありました。

彼等は断じて犬死にではありません。
日本を次世代へ継承して下さった感謝すべき対象であり、
我々平成に生きる大人達もこれに見習わなければなりません。

しかし、左翼にとって、立派に戦った日本人の生き様は非常に迷惑なのです。

左翼が目指すべき日本の未来とは、
「国家が国民を抑圧し続ける悪政を、永遠に批判し続ける世の中」であり、
革命ですらないのです。

戦後内なる敵である左翼。
8月15日は左翼勢力に牛耳られたマスコミ報道に浸る日であってはならないのです。この戦い、まだまだ我々は負けています。これもまた現実です。

明日から平常活動です。皆さんも素晴らしい一週間をお迎え下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日新聞の大罪!!!! | トップ | 我々国民も最前線にあるとい... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2014-08-17 22:03:15
葛根廟事件とは
ソ連軍による日本人虐殺の嚆矢だ
1945年8月14日とは
元々条約を守る意思はなかったということだ

通州事件は
中共ゲリラによる日本人虐殺だ
それを隠蔽するために南京大虐殺を捏造した

プーチンを含め
本当の戦争犯罪人は誰か

大東亜解放戦争が本当に立派な戦いだったと
なぜ誰も言わないのか
祖父の世代はたくさん死んだ
だが
あそこで起たなければ
今も黄色人種は白人の奴隷のままだ

今も人種間戦争は続いたままだ






社会」カテゴリの最新記事