長尾たかしの・・・未来へのメッセージ

自民党衆議院議員長尾たかしのブログ。平成11年からネット上で情報発信を継続。サラリーマン生活を経て政界へ。

今あらためて確認・・・我国には所謂A級戦犯はいませんっ!!!!

2013-04-23 21:15:22 | 歴史・伝統・文化
内外共に、閣僚の靖国参拝について騒がしいですね。もう一度史実を確認してみましょう。

所謂A級戦犯は、靖国に合祀してある14人だけではありません。起訴された所謂A級戦犯は、荒木貞夫、板垣征四郎、梅津美治郎、大川周明、大島浩、岡敬純、賀屋興宣、木戸幸一、木村兵太郎、小磯国昭、佐藤賢了、重光葵、嶋田繁太郎、白鳥敏夫、鈴木貞一、東郷茂徳、東条英機、土肥原賢二、永野修身、橋本欣五郎、畑俊六、平沼騏一郎、広田弘毅、星野直樹、松井石根、松岡洋右、南次郎、武藤章の28名です。

さて、重光葵などは、7年の禁固刑の後、1951年に出獄後、改進党総裁・日本民主党副総裁を務め、第一次鳩山一郎内閣では外務大臣を務めました。

また、賀屋興宣も、1955年、仮釈放され、1958年正式赦免。自民党公認で総選挙に立候補し初当選。1963年第2次池田改造内閣に法務大臣として入閣していますし、第3次池田内閣でも留任しました。

つまり服役の後、名誉を回復しているのです。

共に元所謂A級戦犯です。我々は彼等をまた、彼らの家族たちを戦犯扱いしているでしょうか?服役をし罪を償ったのだから、罪人扱いはしていません。

一方、絞首刑になった7人を含む、14人の名誉は回復されているでしょうか?遺族の皆さんは、死をもって償ったのに、いまだに名誉が回復されていないことをどう考えているのでしょうか?そして、われわれはそれをどう理解しているのでしょうか?

同じ所謂A級戦犯なのに絞首刑者、獄中死者と、服役後社会復帰した者と「歴史の扱い」が違うのは如何なものか?大いなる疑問です。

同時に我国にはA級戦犯はいないというのが私の理解です。それは国会で決定されています。昭和28年8月に遺族等援護法が改正されて、連合軍により軍事裁判で有罪とされたすべての人たちは、日本の国内法においては罪人とみなさないという判断基準が明確に示されている。これは選挙で選ばれた国民の代弁者の決定、つまり「国民の総意」と理解すべきでしょう。

我国は法治国家です。ならば、私は先代達のこの決定を尊重します。我国には所謂A級戦犯は存在していないのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近況報告動画 | トップ | 【長尾たかし】国を守る上で... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無題 (河童工房('◇') 草野 尚)
2013-04-23 22:27:22
こんにちわ
そのとおりですよね。
腰が引けすぎています。
岡田克也さんは実家があれだし。
命がけというひとはいないのかな
ああいう政治家には。
そういう言う人に限って
命がぁ と言うのはなんだかな~
です。
社民党党首に至ってはミスぼたんと
ブログ友達の間では呼んでいます
渡部昇一「決定版・日本史」(育鵬社)236ページの記述 (BJ24649)
2013-04-24 02:26:54
「サンフランシスコ講和条約を結んだことによって、日本は独立を回復した。それと同時に、東京裁判の判決は実質的に無効となった。
無効となった根拠とは何か。まず国際的には、サンフランシスコ講和条約第11条に、「日本は、極東軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の連合国戦争犯罪法廷の裁判を受諾し、且つ、日本国で拘禁されている日本国民にこれらの法廷が課した刑を執行するものとする」という条項があったが、同じ11条の後半において、「これらの拘禁されている者を赦免し、減刑し、及び仮出獄させる権限は、各事件について刑を課した一または二以上の政府の決定及び日本国の勧告に基くの外、行使することができない。極東軍事裁判所が刑を宣告した者については、この権限は、裁判所に代表者を出した政府の過半数の決定及び日本国の勧告に基くの外、行使することができない」とある。
これは日本政府が発議をして関係諸国の同意を得れば諸判決を変えてもいい、といっているのである。そこで日本政府は関係諸国と交渉して、東京裁判の諸判決をすべて無効にしたわけである。それによって、A級も含めて戦犯は国内国外ともになくなり、巣鴨プリズンに収監されていたA級戦犯も昭和31年(1956)に全員釈放されることになった。」
日本国内における戦犯の名誉回復についても記述があるのですが、字数制限に引っかかりそうなので、ここらへんでやめておきます。
Unknown (Unknown)
2013-04-24 12:33:48

日本に戦犯がどうこういうんだったら、

第一世界大戦前後のヨーロッパなんて、戦犯だらけじゃないか!!


アヘン戦争などで、植民地採られたけどそのことには言及しないのね。中国は
Unknown (糖質制限食)
2013-04-24 16:42:21
こんにちは初めてコメントします。
おっしゃる通りだと思います。

とにかく日本にいちゃもんつけたいだけのような気がします。
史実をしっかり認識すれば自分たちのしていること、言っていることがおかしいのはわかるはず!
複眼で見ようよ (まるぼうず)
2013-04-24 19:13:10
日本はアメリカとの戦争には負けてその戦いはいろいろとふり返っていますが、中国との戦争がなんであったか、何のために戦ったかはまったく手つかずではないでしょうか。
私も中国に負けたという認識を持てないのですが、世界の認識では日本はアメリカではなく連合国(国連軍)に負けて降伏したのであって、中国もそこに含まれるのです。
そして日本は東京裁判によって軍が悪く国民は軍に騙されていたので悪くないとくストーリーで国際復帰を果たします。それ故A級戦犯は悪い軍の象徴として処刑されたのです。これは生贄であったと言えるかもしれませんが、軍が悪くないことになると国際復帰したストーリーが崩れるのです。それ故、天皇陛下は靖国に参拝することができなくなりました。
自分で望む自己像と他人から見た自己像がずれることは良くあります。他人は自分を判ってくれないというアレです。国家でも同じです。国家の場合は大人な態度が必要だと思います。
日本は何を目的として中国と戦争をしたか。私は教えて欲しいです。
Unknown (Unknown)
2013-04-24 21:48:58
中国に対しては自衛戦争とは言えないと思います
もちろん、靖国参拝は当然ですが
貴殿は所詮二流(元)政治家 (憂国の志)
2013-04-25 08:52:25
戦争犯罪という言葉は、国際法上において、原爆を市民に落とした米国にそのまま返すべきでしょう。キリスト教国が唱える戦争犯罪と言う「決まり文句」は常識的に考えて議論の余地も無い。問題は、勝てる戦争を敗北に導いた旧為政者の責任は極めて重い!明治からの先人が築いた財産・領土等が全て吹っ飛んだではないか!貴殿は東條の娘と個人的かどうか知らぬが、親しいようだが、当時の政権全幹部は、本来日本民族自ら処刑するに値するのである。情緒だけで政治活動している貴殿は、戦争に負けた現実を理解していない。もちろん靖国参拝は日本人として当然の行為だし、シナ等にどうこう言われる筋合いのものではない。北方領土・竹島等の問題の根源は全て東條を筆頭とする旧為政者にあることは、日本人が絶対に忘れるべきではない。
ではあなたは? (Unknown)
2013-04-25 12:25:41
>憂国の志
さん。

長尾さんを二流というからには、あなたは一流で、

長尾さん以上の事をされてるって事ですね。

ご託を並べるのは簡単です。

何をされてるのか具体的に仰ってさいな
Unknown (Unknown)
2013-04-25 12:26:29
何も出来てなくてわめいてるだけだったら、

中国韓国でわめいてる猿と同じだよ。
Unknown (八尾市民)
2013-04-25 15:58:57
夏の選挙も長尾さんに投票します。

Unknown (Unknown)
2013-04-25 18:05:00
>中国に対しては自衛戦争とは言えないと思います
満州で何があったか、それまでの経緯もちゃんと知れば、自衛戦争だったとわかりますよ。
万死に値する 自民党と保守派の「主権回復式典」 (主権回復を目指す会)
2013-05-05 00:16:01

天皇陛下に「万歳」を“浴びせた”不敬!
http://nipponism.net/wordpress/?p=22244

あわせて読む