長尾たかしの・・・未来へのメッセージ

自民党衆議院議員長尾たかしのブログ。平成11年からネット上で情報発信を継続。サラリーマン生活を経て政界へ。

心も新たに、「凡人の誇り」・・・長尾たかしの強み

2008-05-27 09:29:23 | 政治信条
久し振りのブログエントリー。元気です。いろいろと手一杯、頭一杯の事柄があり、ネットで心を整理するよりも、徹底的に地域で頭を整理しようと暫くパソコンを断ってみた。

行き着くところ、原点である。丁度2年前にエントリーした自分の文章に心惹かれた。初心を胸に、今日も一人でも多く支援者にご挨拶しよう。特別な人たちではなく、普通に日常生活を送っている人達の生活を考えていこう。

-----
※ぼんじん 【凡人】 普通の人 平凡人・・・大辞泉より

「私は、凡人であることに誇りを持っている。」ある漫画で登場人物が発するこの言葉に強い共感を覚えた。自分と重なったのだ。

私は、普通のサラリーマンの家庭に生まれ、高校まで公立学校で過ごし、私立の大学を親のスネカジリで卒業させてもらった。コネでもあればよかったのだが、コネもなく、普通に就職活動をし、普通にサラリーマンになった。入社時に、普通に出世意欲も駆り立てられ、社内競争の中で勝利も敗北も経験した。労働組合運動に関わることもなく、ただただ、会社業務をまじめにこなした。普通に業務をサボった。普通に昇級し、普通に中間管理職になった。お金も普通に貯まった。家も建てた。家庭にも恵まれた。女房の家庭も普通のサラリーマン家庭だった。

そんな普通の私が何の抵抗もなく政界入りするのだから、人生はわからない。

さぞかし賢いエリートが多いのだろうと思っていた。確かにエリートばかりだった。経歴を見れば一目瞭然。それだけはとてもかなわないと思った。しかし、数ヶ月で「かなわぬ」思いは消滅する。「意外とたいしたことない」。驕りではなく本音である。なぜなら、彼等はエリートの社会しか知らないと確信したからである。

「政治家たるもの、世の為人の為とは言うけれど、どれほど世間を知っているの?」私のように、35歳まで政治家に接したことのない普通の家庭に生まれ育った凡人達と過去どれだけ接点があったの?

NHKでプロジェクトX(エックス)という番組が大ヒットしたのは、まだ見えぬ星、地上の星、いわば、普通の人たち、凡人達が成し遂げた偉業に光を当てたからである。凡人がスポットライトを浴びたからである。そして、最も理解しなければならないのは、この多くの凡人達の偉業で世の中は成り立っているということである。

確かにビルゲイツや、青色ダイオードの中村博士のように一部のエリートが万人を幸せにする部分もある。所謂エリートをもっと育てる必要があるというのは私の持論である。更に更に強化育成し、国際競争力を持った日本のエリートを輩出しなければ我国はますます国際競争力を低下させる。

エリートのエリートたる所以は、数か少ないところにある。あの人もこの人もエリートならば、それはエリートではなくなる。世の中のほとんどは、地上の星達、凡人達なのである。

さて、どうも政界周辺に屯するエリートには、「自分がエリートと勘違いしている凡人」が多いのではないか。彼等は実は自分が凡人であるという自覚すらない。だから、凡人と自覚している人たちから見ると、実に「困った存在」となってしまうのだ。

・ 油に塗れ、決して裕福ではないけれど職人として堂々と生きている凡人。
・ 仕事は出来ないけれど、面倒見がよく世話好きな凡人。
・ 悪人といわれるけれど、どこか憎めない凡人。
・ 組合を結することが出来ぬほどの零細企業で、経営者から良いように使われているけれど、何故か自分は幸せだといっている凡人。
・ いるのかいないのかわからない程存在感がないが、一生懸命仕事をしている凡人。
・ 手柄をいつも横取りされている凡人。
・ お洒落も、化粧もせず頭をかき乱しながら、一心不乱に5人の子供を育てている凡人。
・ 契約書に騙され人知れず自殺した凡人。
・ 「会社」に全財産を貢いでしまう凡人。
・ 40歳過ぎても独身を謳歌したが、大病を患い職場も追われ将来が不安になり始めた凡人。
・ 人望があり期待されているのに事業が成功しない凡人。
・ お金持ちで、健康で何も不自由に見えないけれど、孤独な凡人、そして「孤独だ」と自分から人に言えないで過ごしている凡人。

こういう凡人たちは、永田町や霞ヶ関にはそれほど多くは存在しない。では、永田町や霞ヶ関の人たちの最低限成すべきこと、「心掛け」とは一体何なんだ?

凡人の存在を守ってあげることなのではないか?世の中決して何もかもが上手くはいかないけれど、あなた方のことを国家はいつも気にしています、考えています、あなたの幸せな生活、時には苦しい生活の存在を、いつも見ています、解決したいと思っています。永田町霞ヶ関はあなたの存在を忘れていない、必ずあなたの生活を守ります。

凡人なのになぜか世のため人の為に働こうと使命感を持ってしまい、日々格闘している凡人。・・・私は凡人に生まれ、凡人に育ったことを誇りに思う。それが、長尾たかしの強みだと思う。
-----
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道路特例法再可決 | トップ | 政治家は尊敬されているか? »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ちなみにこのパターン。 (東雲牛)
2008-05-27 17:47:38
40歳手前まで独身を謳歌したが、結婚後大病を患い職場も追われ将来が不安になり、暗中模索の凡人。

政治信条」カテゴリの最新記事