長尾たかしの・・・未来へのメッセージ

自民党衆議院議員長尾たかしのブログ。平成11年からネット上で情報発信を継続。サラリーマン生活を経て政界へ。

数学の時間に国語の授業?

2017-03-15 07:43:36 | 国会
野党は稲田大臣の辞任要求をした様ですが、与党はこれを拒否しました。

むしろ、10年以上も前の記憶違いにより、答弁を訂正し謝罪し、それでもひと区切りできない事に違和感を覚えます。

この時の質疑は私が担当する日米物品役務相互提供協定の本会議主旨説明に対する代表質問でした。

森友学園の審議をすべき場所ではありません。

数学の時間に国語の授業をする様な事です。いや、数学も国語力が問われるから国語をやったまでだと屁理屈が飛んできている、これが今の民進党と共産党の姿勢です。

森友学園の問題はもはや大阪府議会で明らかにされるべき事です。国有地売却問題など、国会は必要な事項について関われば良いのです。大臣が籠池氏と知り合いか知り合いでないか?議員になる以前の弁護士時代に弁護したか否か?は、本会議で質すことでしょうか?

国会にはまだまだ国民的議論が必要な生活に直結する重要法案がたくさん控えているのです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無駄と思えることがあり正し... | トップ | 非常時での、公権力の制限な... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

国会」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています