きょうの日本民話 gooブログ編

47都道府県の日本民話をイラスト付きで毎日配信。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

12月1日の日本民話 死がいをとるもうりょう

 | Weblog

福娘童話集 > きょうの日本民話 > 12月の日本民話


12月1日の日本民話


死がいをとるもうりょう



死がいをとるもうりょう
東京都の民話東京都情報


 むかしむかし、江戸(えど→東京都)の(さむらい)が仕事でよその国へ行くとき、一人の男を召使いとしてやといました。
 その男が実によく気のつく男で、どんな用事をいいつけても、てきぱきとかたづけてくれるのです。
 侍はこの男が気にいって、いつか正式の家来にしたいと思っていました。
 さて、旅の途中、美濃の国(みのうのくに→岐阜県)のある宿にとまったときのことです。
 ま夜中と思われるころ、その男が眠っている侍のまくらもとへやってきて、
「だんなさま、だんなさま」
と、いうのです。
「うん、どうした?」
 侍が半分眠ったまま返事をすると、男は小声でいいました。
「まことに申しわけありませんが、もう仕事ができなくなりました。旅の途中ではありますが、このままおいとましたいと思います」
「なんだと!」
 侍はあわててとび起きると、男につめよりました。
「なにか、気にいらない事でもあるのか? もしそうなら」
「いいえ、そんな事はありません。じつはわたしは人間でなく、もうりょう(→水の妖怪)と呼ばれるものです。わたしたちはなくなったばかりの人の死がいをとってくることになっていて、わたしにも順番がまわってきました。この宿から一里(いちり→約4キロメートル)ほど行ったところにある、お百姓(ひゃくしょう)さんの母親がなくなり、その死がいをとることになったのです」
 侍は驚いて男の顔を見ましたが、どう見ても人間で、妖怪とは思えません。
「もうりょうなら、だまって姿を消せばいいものを、なんだってわざわざことわるのだ?」
「はい、そうしようかとも思ったのですが、だんなさまによくしていただいたので、だまって立ち去るのもどうかと考え、事情を申しあげました。では」
 男はそのまま、なごりおしそうに部屋を出て行きました。
 翌朝、侍が起きてみると、どこへ消えたのか男の姿はありません。
(ゆうべの出来事は夢でなく、やはり本当の事であったか)
 そこで宿の人にわけを話して、一里ほど行ったところにある、村のようすを調べてもらうことにした。
 夕方、宿の人がもどってきて、
「おっしゃるとおり、村はたいへんなさわぎでした。今日、その母親の葬式(そうしき)をしたところ、野辺送り(のべおくり→死者をお墓まで送っていく事)の途中で、急に黒い雲が立ちのぼって空をおおい、気がついたら棺桶(かんおけ)の中の死がいがなくなっていたそうです」
と、いったという事です。


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日 → 映画の日
きょうの誕生花 → ドラセナ
きょうの誕生日 → 1962年 林家正蔵 (落語家)


きょうの新作昔話 → たわけものと藪医者(やぶいしゃ)
きょうの日本昔話 → 一寸法師
きょうの世界昔話 → フランダースのイヌ
きょうの日本民話 → 死がいをとるもうりょう
きょうのイソップ童話 → キツネとカラス
きょうの江戸小話 → えんまのかんがえ


hukumusume.com サイト一覧

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月30日の日本民話 キツネと... | トップ | 12月2日の日本民話 人魚が教... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
錦戸 りょう 関連最新情報 (りょう 画像・動画 最新情報ブログ)
一度、お会いしてみませんか??先ほどはブログが途中になってしまぃました姫路デリヘ...